ここから本文です

株、初心者です。勉強中です。 そこで質問ですが、逆張りと順張りで教えてくださ...

myu********さん

2018/10/1314:02:50

株、初心者です。勉強中です。
そこで質問ですが、逆張りと順張りで教えてください。

下落局面で、そろそろ底。

上昇に変わりそうな気配に買う「逆張り」はまだ下がるリスクもありますが、いつかは上昇に転じて戻ってくると考えた場合。

例えば、
【逆張り】 100円で買い。80円まで下がって反転、100円に戻り、120円で利益確定。20円の利益。
→リスクは想定外の外部要因などで60円まで下落。損切りまたは100円に戻ってこない。
【順張り】 80円で底打ち反転。100円まで戻ってきたところで買い。120円で利益確定。20円の利益。
→リスクは100円まで戻ってきたところで、買いそびれ。

この場合では、マイナスリスクを負う逆張りと、儲けそこなうリスクの順張りとでは順張りが断然有利と考えますが、
なぜ、日本の個人投資家の多くは、逆張りが多いと言われるのでしょうか?
また、いろいろな本などでも初心者に逆張りを推奨しているのでしょうか?
何か理由があるのでしょうか?

閲覧数:
102
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ten********さん

2018/10/1404:41:29

そもそも、順張り、逆張りをビミョ~に誤解していませんか?
この例では、順張りの上値追いが見極められていない。そのリスクが考慮できていません。なので、順張りが有利のような例になっていると思います。
例で書かれているような局面なら仰る通りです。順張り有利です。
でも、それも結果論。例でも100円で下落に向く可能性、単に80円から100円に戻ったところで、さらに上値を抜く確証がありません。順張りで高値掴むリスクがあります。

順張りは上昇(下降)トレンドに乗って高値(安値)を買う(売る)トレンドフォローと呼ばれる手法。移動平均線の上にローソクがある事やボリンジャーバンドのバンドウォークを確認しながら波に乗ります。
逆張りは下落(上昇)トレンドからの反転・反発(反落)を狙うカウンタートレードと呼ばれる手法。反転のサインを見極めるためにオシレーター系指標を利用します。
売られ過ぎ(買われ過ぎ)、底値(天井)、割安(割高)など見極める指標が多いので、逆張りの方が扱いやすいと言われることがあります。

その他、銘柄にもよりますが。「株は基本的に上がる方向にある。」なぜかというと、企業は利益を追求して努力するものだから。
なので、逆張りの下降トレンド(1波動目)は次の反転(2波動目)で必ず戻ってくる。これに対し順張りで高値を掴んでしまう(1波動目)と、反転してしまった下降トレンド(2波動目)が再び上昇(3波動目)に転じ上値を抜くまでに時間がかかり、高値を掴んでしまうリスクには戻り時間分がさらに不利にはたらきます。

順張りでトレンド(順方向)を見極めるのも、逆張りで反転(逆方向)を見極めるのもあまり変わらないと思います。
トレンドフォローの指標、オシレーター系指標どちらが使いやすいか。慣れているかの違いくらいではないでしょうか。

  • 質問者

    myu********さん

    2018/10/1509:31:03

    高値を掴んでしまうのは同じリスクですね。
    仰る通り上がると勝手に思い込むのは危険ですね。

    どちらにせよ慣れや癖なんかもあるかもしれません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/10/16 09:26:35

思い込みでリスクを見落としていることに気が付きました。
ご回答くださった皆さん、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kin********さん

2018/10/1405:43:03

利益確定する時に、更に動いたときの保証。

現物売る代わりに、するのが本来の。

cha********さん

2018/10/1316:54:06

順張りの方が上昇する相場観に乗るわけですから、簡単と考えますが、上がる相場で株を買うリスクがあり、とは言え、下がったと思って手を出すとさらに下落ということはよくある話です。
株が大きく下がる要因となるのは機関投資家による大きな売りが連鎖的な売りを誘発し、下落する相場で空売りがさらに下落を加速させるといったメカニズムで全体を下げます。
ただし、ある程度下げると空売りの買い戻しが入り、また、取得コスト圧縮のための買いが下げ幅を縮小させるのが一般的です。
地震のように徐々に揺れが落ち着くのも相場です。
高値で買うより安く買ってその後の成長を期待する逆張りは高値掴みリスクが少ないとも考えられ、大きな下げの後は買いが入ります。
2011年ごろの相場から見れば、現在の1000円の下げは調整としか言いようがなく、売りで得た資金で買い戻し、投下資金の回収に向かう機関投資家も多いです。
元々、株式投資はリスクが伴うもので、それを理解していれば順張りでも逆張りでもリスクは一緒です。
リスクの裏の裏まで考えていたら、永久に買えません。
儲けるチャンスがリスクを乗り越えることによってあるということを忘れてはいけないのでしょう。
と言いながら、私は逆張りが好きで、高値圏にある銘柄の空売りを掛け、買いは下げている銘柄を探す方ですが・・・。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる