ここから本文です

隕石が落っこちて来た!!! ⇓⇓の住宅に隕石が落ちて来て屋根に穴を空けたそうですが...

アバター

ID非公開さん

2018/10/1318:00:40

隕石が落っこちて来た!!!
⇓⇓の住宅に隕石が落ちて来て屋根に穴を空けたそうですが、

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00005261-tokaiv-l23
この場合、修理費は保険が適用されるのでしょうか!?

ところで落ちて来た隕石は、この住民の所有物になるのでしょうか!? 又は公が住民から隕石を買い上げるのでしょうか!? それとも国家権力を持って公が住民から隕石をタダで奪い取ってしまうのでしょうか!?

ちなみに、この隕石から宇宙線が放出されているとの事ですが、素手で持っても無害なのでしょうかね!?

閲覧数:
151
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/10/1319:59:05

所有権を主張することは可能ですよ

しかし・・・

記事に意味不明な文章があるでしょ?
「宇宙線が検出」って・・・

これ,分かり易く言えば放射線です.その強度によっては特別な保存方法が法律で定められていて,個人で保管するとなると金が掛かります.それなら売った方が良いのですが,相場はグラム当たり1000~1万円くらい.月隕石でも数十万~100万円くらい.月隕石はともかく,普通の隕石のサンプルは研究機関は十分保有してます.するとマニアくらいですが・・・買い手を探すのに苦労しそう.まして放射線を出すとなると,ヤフオクやメルカリでは出品不可能.普通に寄贈した方が楽で感謝されます.

家の修繕の補償ですが,これは民間保険会社との契約内容によるでしょう.

アバター

質問した人からのコメント

2018/10/18 04:35:51

御回答ありがとう御座いました。

「隕石 住宅」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

omo********さん

2018/10/1408:17:25

普通の火災保険なら支払われます
所有権もあるのでは??

パワーさん

2018/10/1318:23:28

隕石は、宇宙空間に存在する物質が、惑星に落下してきたものを指します。
隕石は数100gの小さなものから数100kgの巨大なものまで様々ありますが、地球に着地した際の所有権は誰のものになるのでしょうか?

私有地において隕石が発見された場合は、隕石そのものが地面にめり込んでいるか否かで所有権が分かれます。

●隕石が地面に埋まっている場合はその土地の所有者の物とされ、埋まっていない場合は拾い主に所有権を主張する権利が与えられるのです。

国立科学博物館は、今後、この隕石を発見場所にちなんで「小牧隕石」として国際隕石学会に登録する手続きをとるということです。

こうなると個人の意思ではどうにもなりません!
ただ所有者・発見者としてだけの名誉となります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2018/10/1318:16:48

保険で対応の可能性もあります。しかし、隕石そのものが地球に落下すること自体、一生に一度あるかないかというくらいの確率ですから、それだけでも学術的価値が高いものです。

25年ほど前にも島根県の美保関の民家に隕石が直撃した際も、Wikipediaによれば、家屋所有者は火災保険で対応したとのこと。その後、民家は取り壊され跡地に隕石落下地点」の石碑が建ったそうで、隕石も美保関町の博物館で展示されているとのことです。

Yahoo!知恵袋 特別企画

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる