ここから本文です

ポルトガルはモロッコに大敗したことで、スペインに併合されるのですか。

unk********さん

2018/10/2312:00:03

ポルトガルはモロッコに大敗したことで、スペインに併合されるのですか。

アルカセル・キビールの戦いですが、ポリとガルはモロッコ深く攻め込んで大敗した結果、スペインが弱ったポルトガルを併合するのですか。

アジアとのスパイス貿易が再度ヴェネツィアの手に戻り、ポルトガルは他のカネ儲けの手段が必要だったと解説していますが、そういう経緯でモロッコ侵略を行ったわけですか。

閲覧数:
69
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zeu********さん

2018/10/2317:06:01

セバスチャン1世がただ一人のポルトガル王家(アヴィス家)の正当な血を引く王だったのに、モロッコに行って戦死したため血脈が絶えたということです。

日本でいえばお家断絶です。

とはいえ、ポルトガルという国をなくすわけにはいきません。
そこで、次の王をどうするかということになり、結局新しい王として隣国の強国スペインのフェリッペ2世がポルトガル王を兼ねることになりました。

ポルトガル王家(アヴィス家)の血統が絶えたので、スペインのフェリッペ2世(ハプスブルク家)が乗り込んできたということです。

ポルトガルはその後長くスペイン国王がポルトガル王を兼任する時代が続きましたが、1641年にブラガンサ家よりポルトガル王を出して独立します。

独立に際して、ポルトガルはイギリスとの結びつけを強めていきます。

  • zeu********さん

    2018/10/2317:15:05

    セバスチャンがモロッコに行ったのはご指摘の背景があったといわれています。

    もっとも敬虔なカトリック国のポルトガルです。
    ジブラルタルを挟んで北アフリカにイスラム教徒の勢力が幅を利かせているというのも大きな侵攻理由だといわれています。

    そして、断絶したポルトガル王家を乗っ取ったように、スペインもまた王家が断絶してしまい、フランスが乗っ取りを企みます。

    そうルイ14世です。
    西欧各国はフランスのスペイン乗っ取りに異議を唱えて勃発したのがスペイン継承戦争。

    フランス国王とスペイン国王は兼任しないことを条件にブルボン家の血脈がスペイン国王となります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/10/28 20:47:25

ありがとうございます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる