ここから本文です

長銀とあおぞら銀行を含めバブル崩壊後の破綻金融機関の処理で10兆円超の国民負担...

huj********さん

2018/10/2501:00:03

長銀とあおぞら銀行を含めバブル崩壊後の破綻金融機関の処理で10兆円超の国民負担が発生しているそうですが、この資金は一般会計から拠出されず、銀行の預金保険制度を通じて出されたため、国民

に見えにくい形で処理されたとのことです。

そもそも預金保険制度は銀行同士が銀行の破綻に備えて資金をプールする仕組みだと思うのですが、銀行ではなくなんで公的資金からカネを出さないといけなかったのでしょうか?

銀行に直接公的資金を注入するのと同じく、預金保険機構に公的資金を注入したんだとしても、それがなぜ一般会計を通さずに実現できるのでしょうか?

今もしバブル崩壊現象がもう一度日本で起こったら、またこういう見えにくい処理をやろうと思えばできるんでしょうか?だとしたら問題じゃないですか?

閲覧数:
43
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qta********さん

2018/10/2508:09:20

金融システムの安定が、国民経済全体に寄与するという名目で、公的資金が投入されました。資金を入れられると、経営が束縛されるので、銀行側はむしろ嫌がったとされます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる