ここから本文です

iDeCoと積立NISAを始めようと考えています。 税金の優遇があるiDeCoをまず始めよ...

nya********さん

2018/10/2016:02:30

iDeCoと積立NISAを始めようと考えています。
税金の優遇があるiDeCoをまず始めようと思っているのですが、積立NISAにも興味があります。
両方始めるのはあまり意味がないでしょうか?

iDeCoは60歳以降の蓄えのため、
積立NISAは資産運用+60歳まで・以降からの蓄えのため、
と考えていますが、潤沢な資金があるわけではないので、2つ同時に始めるとそれぞれにかけられるお金は月々1万円ずつくらいになります。
・2つに1万円ずつで両方始める
・1つに2万円で始める(これだとiDeCoのみにしようと思っています)
どちらが良いでしょうか。
また、より良い方法の案があればアドバイスください。

以下、当方の経済状況です。
29歳、女、独身(婚活中)の会社員です。
手取り約25万、年収450万〜500万(臨時ボーナスが出ると500万超える)、
総合口座(ゆうちょ)に約100万→普段使いの口座
通常貯蓄貯金(ゆうちょ)に200万→当面は手をつけない貯蓄
定額貯金(ゆうちょ)に計44万→手をつけない貯蓄

(2回海外旅行に行っているため、貯蓄はそこまで多くたまっていません・・・)
使い込む月、簡素な月の平均をざっくりと取ると、
月々の生活費(食費・固定費・交通費など支出全て合わせて)は20万くらいです。
なので、今後は毎月5万円を貯金・積立に回そうと思っています。
・そのうち3万→通常貯蓄貯金へ
・残った2万→iDeCoや積立NISAへ
ボーナスなどのまとまったお金は、今度新しくSBJの口座を開設する予定なので、
そこに定期預金で預ける予定です(金利0.3~0.4)

iDeCoと積立NISAへのご意見、宜しくお願いします。

閲覧数:
10,610
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mat********さん

2018/10/2110:26:38

基本的には節税効果の高いiDeCoを優先する(毎月掛金2万円をiDeCoに払い込む)がよいとは思いますが、60歳まで引き出すことができない制約をどう考えるか。

現在、344万円の預金があるので、当分の資金には余裕はあるとは思いますが、結婚、住宅の購入、出産育児で働けない期間、教育資金を考えると、難しいですね。

まぁでも、掛金は状況を見て減額することはできますし、独身の間は掛金2万円(あるいは限度23,000円)でいいのではないかと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「積立nisa」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sho********さん

2018/10/2218:08:30

NISAの考え方が間違っています。
NISAは投資なので貯蓄ではありません。よってNISAは老後の為の資産運用ではなく、今の為の資産運用です。
そしてNISAは投資なので、余剰資金でするものです。
iDeCoは貯蓄性が高い老後の為の資金です。よってiDeCoは多少無理してでも払うべき商品です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる