ここから本文です

特別支給の老齢厚生年金受給と基本手当受給の質問です。 現在61歳で平成31年...

アバター

ID非公開さん

2018/10/2016:50:11

特別支給の老齢厚生年金受給と基本手当受給の質問です。

現在61歳で平成31年3月に年金支給の手続きをします。
会社を自己都合で30年12月末に退職予定です。

雇用保険の基本手当を受けると年金は受け取れないということですが、次の場合はどうなるのでしょうか。
①12月31日にて失職
②1月10日失業資格取得(ハローワークに申請)
③1月17日待機期間終了
④3月20日特別支給の老齢厚生年金受給の手続き
⑤4月15日最初の年金受給日
⑥4月31日給付制限期間終了
⑦5月から90日分基本手当受給

この場合、特別支給の老齢厚生年金は4月~7月の4か月分は受け取れないのでしょうか?

閲覧数:
335
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

gte********さん

2018/10/2017:23:36

62歳の誕生日の前日(62歳到達日)は3月ということですか。
その場合、年金の支給は4月分からです。年金の支給は後払いですから、最初の支給日は早くて6月15日であり(手続きの都合でもっと遅れることもある)、その時に4月、5月分が支給されます。従って

⑤4月15日最初の年金受給日

とはなりません。

また
1月10日に基本手当の受給資格取得手続き(求職の申し込み)をすると待機期間満了は1月16日です。1月17日から給付制限期間が始まり、終了するのは4月16日です。従って基本手当の支給開始は4月17日です。それ以降すべての日が失業認定されると給付終了は7月15日と思います。

いずれにしろ、4,5,6、7月の老齢厚生年金は一旦支給停止されます。その後事後精算(※)で7月の支給停止が解除されます。最終的に支給停止されるのは4,5,6の3か月分です。

※給付日数を30で割り(端数切り上げ)、その月数より支給停止月が多かった場合は、後から多い月数だけ支給停止を解除する。

アバター

質問した人からのコメント

2018/10/20 17:31:53

こんなに早くわかりやすいご返答をいただきありがとうございました。

「特別支給の老齢厚生年金」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる