ここから本文です

2018年宅建不合格ラインです。 はじめての受験です。 資格学校では常に上位成...

アバター

ID非公開さん

2018/10/2218:38:27

2018年宅建不合格ラインです。

はじめての受験です。
資格学校では常に上位成績を取れていたのに、やはり現実は甘くはなく自己採点で35点でした。
間違った内容があり得ないほどの勘違いだ

ったり、普段だったら絶対間違えないような問題だったり、
と、自分の中の慢心だったりしたのかもしれません。

あの問題をしっかり見ていればよかった。などと、昨日からずっとクヨクヨ悩んでいるのですが、何も結果は変わらないし、そんな人はたくさんいる!と思ってもため息が出て何も手につきません。

甘く見ていたバカな私にどなたかガツンと渇を入れてください。

閲覧数:
10,625
回答数:
8
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ofd********さん

編集あり2018/10/2220:35:40

まだ最終的な結果も出ていませんし、本当に落ち込むのは12月になってからでいいのでは?

それでも資格学校に通っていながらの不合格はツライですね。
(10万円はドブに捨てた感じですか?)
その中での上位としても、毎回40点を超えるような、一桁の%に入っていたのですかね?

今からガツンと復習を始めれば、12月までにかなりの理解と暗記ができるんですが、そんなやる気も出ませんかね?
そうだとしたら、また来年も同じようなスケジュールをこなすだけの、その結果になると思いますよ。

(こんな感じの喝で、どうでしょう?)

アバター

質問した人からのコメント

2018/10/24 08:00:37

ありがとうございます。

家族からの慰めなどで泣くに泣けない状態だったのに、コメントを読ませていただいて、試験後に初めて泣けました。

気分がスッとした気もします。
来年は自分に言い訳せず、合格ラインを気にしなくてもよい点数がとれるようにがんばります。

「宅建 合格ライン」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kag********さん

2018/10/2313:08:40

お気持ち察します。僕も去年はあと2点でした。ですが受かる人も、落ちる人もその1点2点に集中してるみたいです。問題を作成してる人もプロ中のプロです。
その勘違いはただの勘違いではなく、総合的な判断に基づくものなのではないでしょうか?その1点差が合否を分けるのだと思います。
1~2点を上回るためには、前年の倍の努力が必要です。たかが1点じゃないと思います。また来年頑張って挑戦してください。幸運の女神が微笑むことをお祈り致します。

tek********さん

2018/10/2312:02:56

資格学校で上位にいたなら実力は十分です。
本番の緊張感に飲まれ実力が発揮できなかっただけです。

私は1発で取りましたが、8月からの模試では常に45点前後。
4000人中20位とかになってましたが、本番では40点しか取れませんでした。
合格点が31点と難しい年だったのもありますが、2問は凡ミスでした。

来年は頑張りましょう。

jim********さん

2018/10/2310:28:11

そうですね、確かに全受験者の80%以上は落ちる側の人ときまっている試験なのですから、「そんな人(落ちる側にいる人)はたくさんいる!」のは、あたりまえな話です。

でもそれが慰めになるなら、毎年落ちる側の椅子に座って試験を受けていれば、ずっと幸せということになってしまいます。なんて、あなたの傷口に塩をなすりつけても、ダメージが緩和するわけじゃありませんので、これ以上はやめておきます。

とりあえず、いまはどんな言葉でもいいから、自分を慰めるだけにする期間でしょうね。

「自分はよくやった、やれることは全部やり尽くして35点なら今回は仕方が無い、また次に頑張ろう」でいいと思いますよ。

「間違った内容があり得ないほどの勘違いだ ったり、普段だったら絶対間違えないような問題だったり、と、自分の中の慢心だったりしたのかもしれません。」などという自己分析じゃ、それは確実に間違った分析ですから、来年挑戦してもまた同じ結果になってしまいます。

「今回は、たまたま勘違いやうっかりミスで間違えたけれど、本当は合格する実力があった」と信じたいのでしょうけれど、実際には、「慢心があった」わけでもなんでもなく、単に勉強不足あるいは誤った勉強方法で、「精一杯やったのに、届かなかった」だけに過ぎません。

うっかりミスをしてしまっただけ、なんて気持ちを引きずると、来年もそこそこ勉強しただけで、自分は合格圏内にいると錯覚してしまいます。

とりあえず12月までは宅建のことは忘れて、再挑戦ということになったら、来年度用のあらしいテキスト一式をそろえて、今度は背水の陣を敷いて自ら逃げ道を塞ぎ、スクールに行かずに、独学で挑戦してみることです。

テキストを隅々まで、丁寧に学ぶ姿勢があれば、取れない資格試験じゃ無いと思いますよ。

sss********さん

2018/10/2310:12:26

まずは頑張った自分を褒めてあげましょう!

私は27年に受験したのですが
自己採点で不合格であったため
しばらくシクシク泣いたり
もう二度と受けないと決心してました。
地頭が悪いので
1年間必死で勉強したんです。
模試で余裕の合格だったのに
当日の緊張と尿意で
パニックになってしまいました。

でもまだわかりませんよ!

自己採点間違いだと思いますが
私は奇跡の合格でした。
そんなこともあります。

mor********さん

2018/10/2222:14:48

私も今回初受験で学校に通っていました。
試験前最後の週に、模試が連続であったのですが
いつも合格ラインぎりぎりかちょっと足らないというところでした。
成績としては真ん中よりちょっと上ぐらいでした。

そんな状態でしたので、このままだと落ちるなとずっと考えていました。
なので間違えた問題は必死になって当日の試験がはじまる直前まで、
見直しをしていました。

試験が開始してからは、問題を最後から解くということをやりました。
ちなみに最後から始めたことは、一度もありません。
土壇場で自分でも思ってもいない行動したので相当テンパっていたのでしょう。
試験開始からは時間が足らないような状態が続きましたがなんとか時間内に
すべて回答できました。
そして見直しはほとんどできず終了。
終った時は、自信がもてず放心状態。

戻ってから速報を見て自己採点してるときは、心臓はバクバク。
神様お願いします状態。
そして何とか合格ラインを超えることができました。
今まで受けたどの模試よりも本試験では高い点数が取れました。
振り返ると模試で思うような点が取れないフラストレーションが最後に高い集中力
を生み、ピークを本番に持ってこれたんだと思います。
なぜなら別の資格のときも同じような経験をしたからです。

恐らく私より普段の実力は上の方でミスさえなかったら合格ラインは
超えていたかと思います。実力は十分なのだからきっと次回挑戦するときは
受かるでしょう。そしてピークは最後にもっていくことは忘れないで下さい。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる