ここから本文です

中国のどこが好きで、どこが嫌い? 無知無教養、単細胞の体育会系の20代ですが...

アバター

ID非公開さん

2018/10/2308:32:48

中国のどこが好きで、どこが嫌い?

無知無教養、単細胞の体育会系の20代ですが、中国大好きです。

彼女がいなければ中国女性が好きになったかもしれません^^;
私が政治に関心を持ったのは先月25日が命日だった石川忠雄先生
(元慶應義塾塾長)の影響もあります。胡耀邦さんも好きでした。
対日強硬派が目立つが、中国共産党内にも対日協調派は数多い。

一方で私は日本人ゆえに、政治では日本の立場でものを言います。
中国は何度も異民族に侵略されたトラウマで、あまり他国や他人を
信じません。相手国が正しいか否かではなく「強いか弱いか」で
変わります。沿海州を清朝から奪ったロシアには文句を言いません。
フィリピン、ベトナム、日本、韓国には高圧的に出ます。

マキャベリは「恐れられるより、愛される方」と「愛されるより
恐れられる方」を選ぶなら「恐れられる方」がはるかに安全である、
と述べています。私は中国と長く付き合うためには、強い軍事力を
持ち、時々ジャブを打ち牽制した方が「こいつムカつくが、侮れん」と
尊敬されると思っています。侮られることが一番戦争リスクになります。

「中国は好き。だけど防衛力は強化する」という暴論どう思いますか。
中国のどこが好きで、どこが嫌いでしょうか。





※画:日中関係改善に寄与された韓雪さん(雪の華/新浪娱乐)

韓雪,胡耀邦,マキャベリ,中国,石川忠雄先生,ソ連崩壊,人海戦術

閲覧数:
48
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ねりさん

2018/10/2311:18:37

旧態依然の20世紀型独裁国家なのです。
好きも嫌いもありません。
中国はソ連崩壊に怯え学びました。民主化こそが中国共産党政権の脅威です。だからこそ圧倒的な人海戦術によって言論弾圧と情報統制を続けています。
しかしいずれは破綻を免れる事は不可能なのです。
ソ連崩壊後のロシアがスラブ民族主体の国家になったように、中国崩壊後には漢民族主体の新生チャイナが中国の多くを引き継ぐのでしょう。
その時に初めて「付き合い方」を含めて見極めるべきです。
残念ながら今の中国に対する評価に意味があるとは思いません。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/10/2312:02:10

    私も中国はGDPなど図体は大きくなったものの、
    精神的には子供のままの未熟な国だと思っています。

    回答者様が仰る通り、中国はソ連崩壊やチャウシェスクの
    処刑に怯え、巧みに情報統制を敷いています。
    日本のバブルの失敗も反面教師にしています。

    私も遅かれ早かれ、中共の無理な独裁は破綻すると
    見ています。将来4億人の老人の面倒も見ないと
    いけません。日本ですら3000万人の老人の
    福祉と国債で歳出の半分を使っているので、
    中国は低成長と伴い、福祉の重圧に苦しむと思います。

    一方で最後のあがきではないですが、中国兵法
    36計に「指桑罵槐(しそうばかい)」があります。
    外敵を作って、内部の不満をそらしたり政敵を
    葬る手法ですが、どんなに日本が平和主義に徹しても
    「当たり屋」的に突っかかって来るリスクもあります。
    念のため、日本独自の防衛力も磨いた方が無難と
    考えています。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/10/23 17:03:26

とても勉強になりました。回答が少ないのでやはり
書き直すことにしました。回答者様もお元気で。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる