ここから本文です

KYBのデータ偽装した免震、制振装置を使用の超高層住宅が住宅価値が下がるとの理由...

yoc********さん

2018/10/2411:22:54

KYBのデータ偽装した免震、制振装置を使用の超高層住宅が住宅価値が下がるとの理由で住民が公表ストップを要請してるそうです、、これって詐欺行為ではないのですか?

、、新たに住宅契約した人から訴えられる行為じゃないのですか?、、、シェアー日本一のKYBですから超高層住宅の殆どがデータ偽装住宅と云う事ですが、そうで無い超高層住宅にとっては迷惑な話、そうで無い住宅が有ればの話ですけど、、KYBを採用してない超高層住宅は名乗り出れば価値が上がる筈なのに何処も名乗り出ないと云う事は、、、ですね!

閲覧数:
57
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gan********さん

2018/10/2600:08:51

日本中の高層マンションの大半が業界再大手のKYB製のダンパーです。恐らく70~80%を占めると思われます。今は事の重大性をKYB自体が解っていません。取替費用で20~30億と試算してますが…メーカーの土素人換算ですね。新築時はその程度ですんでも、入居者が居るなかでの工事は違います。実際は数百億を要するでしょう。基礎部だけで無く、壁や内部構造に組み込まれた建物なら地上100メートル以上の場所にも組み込まれています。新築時の様にクレーンも使用出来ません。1つ1・5トンもあるものを、どうやって上げるのか?また質問者様の見解通り、資産価値も下がります。引渡しに間近の物件もあります。現在建設途中の現場は工事がストップします。他社の製品に替える事も、かないません。確認申請、大臣認定に少なくとも1年は要します。納期も間に合いません。購入者とも揉めます。取替費用以外に要する損害賠償金は、巨額に膨れ上がると予測されます。そもそも通常KYBが1年間で製造するダンパーの数は100本です。死ぬ気で製造しても、せいぜい500本です。1つの高層マンションで50本使用すると考えると1年間で10物件分。現在公表している957物件分の製造だけで何年かかるやら?取替も原発、病院、官舎が優先され、一般住宅なんぞ後回しです。同業他社が製造しても、業界シェアの約半分を占めるKYBに比べると製造可能な数はしれてます。そうなると新しい工事も開始出来ません。日本中のビックプロジェクトが中止されます。建設業界に大ダメージを与え、日本経済が混乱します。労働者不足を補うため、苦労して確保した外国人労働者は、帰国させる事になります。オリンピック施設の建設が間に合いません。日本国内にリーマン級以上のショックを与えます。日本の象徴であるスカイツリーにも使用されています。話がが誇張されると取り替えるまでは、閉館に追い込まれます。病院もオフィスビルも使用禁止。マンションの住民は一旦退去し、別の住みかを確保する事になります。その全てを賠償する事になれば、いくらKYBのバックが芙蓉グループとはいえ、傾きかねません。今回の事件は、それぐらい大それた事をヤラカシテいます。大したことでは無いと、やり過ごそうとしています。恐らく日本政府も隠蔽します。騒がないように四方八方に圧力をかけます。日本経済が混乱に陥るからです。被害にあった企業も隠蔽に走ります。賠償金なんかいつ貰えるか解りません。色んな意味でリスクの方が高いです。しかし昔と違い、今の時代は、嘘偽りが全て表に出る世の中です。政治家も発覚したら、責任を追及されます。そんなリスクを恐れずに、腹を括れる人間がいますかね?ただでさえ増税で追い風の安倍政権なんか、跡形も無く吹き飛ぶでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる