ここから本文です

熱力学の問題についての質問です。 状態1 P1 V1 状態2 P2 V1 状態3 P2 V2 状...

syo********さん

2018/10/2616:17:50

熱力学の問題についての質問です。

状態1 P1 V1
状態2 P2 V1
状態3 P2 V2
状態4 P1 V2

状態1→状態2 Q1
状態2→状態3 Q2
状態3→状態4 -Q3
状態4→状態1 -Q4

条件は以上です。
問題

は仕事の合計をQを用いて表わせ。
PVグラフを使わずに求めよ。
というものです。

答えはQ1+Q2-Q3-Q4です。

熱力学第一法則を各過程に用いて、4つ式を作ったのですが、内部エネルギーのところが消えません。

反応全体の熱力学第一法則ならできます。
Q全体 = ⊿U全体 + W全体
として場合、⊿U全体 のところがは同じ温度に戻るので、ゼロである。
という感じだと思います。

各過程で熱力学第一法則の式を4つ立てて、計算していく。
というやり方で解くにはどうすればいいでしょうか。
定圧モル比熱、定積モル比熱を使って式を立てています。

よろしくお願いします。

閲覧数:
34
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sig********さん

2018/10/2616:50:31

Qkの変化を変化kと、定積モル比熱をCとします
変化1は定積変化より
nC(T2-T1)=Q1
変化2は定圧変化より
nC(T3- T2)=Q2-w1
変化3は定積変化より
nC( T4- T3)=-Q3
変化4は定圧変化より
nC( T1- T4)=-Q4-w2
立てた四式の辺々たすも
Q1+Q2-Q3-Q4-w1-w2=0
よってW= w1+ w2
=Q1+Q2-Q3-Q4

となります

  • 質問者

    syo********さん

    2018/10/2617:47:17

    回答ありがとうございます。
    定圧変化のところに、
    定積モル比熱Cは使えないのではないでしょうか。
    使うなら定圧モル比熱ではないでしょうか。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/11/2 09:28:44

ミスに気づけました。
ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる