ここから本文です

戦国時代の合戦で、城の周りを取り囲むようにして攻撃されたものの、城内にこもっ...

プロフィール画像

カテゴリマスター

ban********さん

2018/11/318:28:21

戦国時代の合戦で、城の周りを取り囲むようにして攻撃されたものの、城内にこもって反撃していたほうが勝利したといったケースはありましたか? あった場合には、どのような戦いでありましたか



また、城内から反撃したほうが勝つことは、どのくらいの確率でありましたか?
イメージとしては、城の周りを取り囲まれて攻撃されると、火を放たれたりして城内にいたほうが負ける印象が強いです。勝つことは稀だったでしょうか?

閲覧数:
143
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

loo********さん

2018/11/403:11:22

Q「戦国時代の合戦で、城の周りを取り囲むようにして攻撃されたものの、城内にこもって反撃していたほうが勝利したといったケースはありましたか? あった場合には、どのような戦いでありましたか?」

籠城戦での守り側の勝利は多くが「援軍(後詰)」あってのことですが
その援軍が無い状態で包囲され勝利した篭城戦を上げて見ます。

●第一次月山富田城の戦い 1542年~1543年
(月山富田城 攻め手:大内軍4万5千VS篭城側:尼子家1万5千)
大内軍が尼子家の月山富田城を大軍で包囲しましたが
堅城である月山富田城に攻めあぐね長期戦となってしまった疲労と
尼子家からの奇襲攻撃により大内家から
離反者までもが大量に出てしまい撤退を決めました。
しかしそこを追撃され多くの死傷者を出し攻め手が大敗となりました。

●尼子再興軍による月山富田城の戦い 1569年
(月山富田城 攻め手:尼子軍2千VS籠城側:毛利家3~5百)
時が変わって毛利家が月山富田城を取ると尼子家が攻めました。
尼子軍は月山富田城の周囲に向い城を10城も築き
月山富田城を包囲しましたが籠城側の守将:天野隆重の
ウソの降伏に無防備に兵を進めてしまい
そこを襲撃され敗退しました。

●臼井城の戦い 1566年
(臼井城 攻め手:上杉謙信VS篭城側:北条方原家)
上杉謙信が原胤貞の臼井城を包囲し攻めましたが
籠城側が奮戦、突撃し勝利したとされます。

●今山の戦い 1570年
(佐賀城 攻め手:大友軍6~8万VS篭城側:龍造寺家5千)
大友軍が龍造寺家の居城「佐賀城」を6~8万の軍勢で包囲しました。
しかし3月~8月に及ぶ長期包囲戦の中で業を煮やした大友軍が
総大将(大友親貞)本陣を前線に出し総攻め準備をすると
これを察知した龍造寺軍が総攻めの前日に包囲網を縫って
本陣の背後に回りました。
翌日、大友軍の総攻め開始と共に本陣を奇襲し
敵総大将大友親貞を打ち取ると混乱した
敵軍へ城からも突撃がされ敵軍を敗退させました。

●中新田城の戦い 1588年
(中新田城 攻め手:伊達政宗軍1万VS大崎方南条隆信)
伊達軍が中新田城を攻め包囲しましたが攻め手が
軍議で喧嘩するなど酷い状態で攻撃し敗退。
そこに雪が降ったため撤退となってしまった所を追撃され
大敗北したそうです。

その他、戦国時代でも無く勝利でも無いのですが
「大坂城冬の陣」は攻め手が苦労し「和議」になりました。

Q「また、城内から反撃したほうが勝つことは、どのくらいの
確率でありましたか?」

統計とかも無くまったく解っていません。

Q「イメージとしては、城の周りを取り囲まれて攻撃されると、火を放たれたりして城内にいたほうが負ける印象が強いです。勝つことは稀だったでしょうか?」

稀だとされます。

上記のように攻め手の失敗や油断に篭城側の計略や
奇襲が物を言った場合に篭城側が勝てたようです。

質問した人からのコメント

2018/11/8 22:44:07

臼井城の戦いでは北条から援軍が派遣されていたそうですが、多くの事例を挙げていただきありがとうございました。援軍が無い状態で包囲され勝利した篭城戦はけっこうあったのですね。意外でした。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kan********さん

2018/11/409:30:24

先の回答者が臼井城の戦いについて間違った回答をしています。

臼井城の戦いでは、北条から援軍が派遣されています。

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2018/11/321:18:01

籠城戦に勝つという事は、
通常は籠城に耐え抜いて、敵が引き上げる事を指します。
このケースなら、無数にあると言って良いでしょう。

ただ、質問者様が知りたいのは、籠城していた軍勢が、
城外からの援軍も無しに、城から出撃して、
敵を殲滅した、といったケースでしょうか。

だとすると、それはほぼあり得ません。
籠城側は敵に対し、明らかに劣勢だから城に籠る事で、
城の防御力を利用して、兵力差や装備の差を補おうと、
考えている訳です。
だから、籠城に耐え抜いて、敵が撤退すれば、
目的が果たせるわけで、籠城で疲れた城兵を、
あえて追撃させるような、リスクは犯せません。

従って、籠城側が出撃して反撃できるのは、
外部から有力な援軍が迫っている場合のみです。
このケースなら、毛利元就の吉田郡山籠城戦や、
北条綱成の河越籠城戦など、幾つかあります。

mas********さん

2018/11/320:05:57

・「のぼうの城」の忍城攻め

・武田信玄、上杉謙信の小田原攻め

・武田勝頼の長篠城攻め

籠城戦で勝つ理由としては、
・敵方の準備不足(信玄・謙信、忍城)
・味方の救援(長篠)

この2つかな。
たぶん他にも籠城で勝った例はありますが

真田節さん

2018/11/319:29:06

中国戦国時代には燕軍を中心とする連合軍に侵略を受け、斉はたった二城しか残らなかったということはあった。

日本においては阿波三好軍が讃岐香川氏を天霧山に攻撃した善通寺合戦、長曽我部軍が讃岐十河氏を十河城に攻めた第一次十河城合戦などがある

yak********さん

2018/11/319:24:07

大阪城では籠城しているのをどうやっても攻めきれないため攻略方が講和を進言し籠城方をだましました。掘を埋めなければ勝てませんでした。城門を破ることができなければ城に放火などできません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる