ここから本文です

カメラのセンサーで

アバター

ID非公開さん

2018/11/700:51:54

カメラのセンサーで

フルサイズのことをフルサイズって言うのはなぜ?
フィルムカメラの35ミリが主流でそれに合わせたから?
今のカメラのセンサーってコンパクトなのね

閲覧数:
98
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pho********さん

編集あり2018/11/711:53:54

デジタル一眼レフ初期の頃
唯一ライカ版フォーマットのセンサーを持つキヤノンがEOS1Dsを「フルサイズ」として宣伝したから。

他のAPS-Cデジタル一眼レフとは別格だぞ。
というキヤノンの差別用語でした。
実際にあの頃は憧れの存在でした。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sya********さん

2018/11/909:41:26

J135規格で35mmフィルムという24×36mmというフィルムの規格という事です。
ですから今は便宜上で「フルサイズ」と呼んでいますが何か不都合がで出たら新しい規格の呼び方が規定されると思いますよ。
今はフルサイズとAPSーCサイズとか3/2型とか複雑になってしまっていますから、そろそろ何かスッキリした規格が認められる時期でしょうね。
また富士フィルムのGFX-50Sの様な中判カメラもありますからね。
確かに難しい点もあるとは思いますが。

kam********さん

2018/11/711:22:34

まぁ、デジタルカメラ用語は、カメラ素人の人たちが付けた言葉が多いので、カメラをまともにやってきた人には違和感があるものがあります。

中判や大判を扱う人は、デジタル一眼レフに飛びつかなかったし、マルチフォーマットになれた人には、APS-Cもその一つでしかなかったので、35mmフィルムと画角が異なることに対する違和感もそれほどでもなかったと思います。

35mmフィルムしか知らない人にとっては、違和感があって、35mmフィルムしか知らないから、フルサイズ(英語でもFull Frameと呼ばれる)と違和感無く呼べたのでしょう。多くのデジカメライターが写真の常識を知らないことは良く知られていると思います。

つまり、カメラの世界と言うより、デジタルの世界で発言力のある35mmフィルムカメラしか知らない人がフルサイズと呼んだからだと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

rer********さん

2018/11/702:39:19

デジタル一眼レフのベースになったのが35mmフィルム一眼レフだからです。

20年ほど前、当時の技術では2/3インチを超えるイメージセンサーでは、撮影前の状態で液晶モニターへレンズからの映像を映し続けていると、電力消費が大きく発熱も激しいため、オーバーヒートで壊れてしまう問題がありました。

そのため、イメージセンサーを動かさなくてもレンズで捉えた映像をファインダーで目視できる一眼レフ構造を持たせた機種が、コンデジの時代から存在していました。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/970917/c1400l.htm
https://lancelot2.blog.so-net.ne.jp/2018-03-12-1

また、20年前ではまだ35mmフィルムと同じサイズのイメージセンサーはコストが非常に高く、画面の端の部分が暗くなる(周辺光量の低下)問題があったため、レンズ交換式のデジタル一眼レフではAPS-Cサイズのセンサーが多く採用されました。

2002年になると35mmフィルムサイズのセンサーを搭載した機種が登場しましたが、いずれも100万円を超えるとても高価なものでした。
キヤノンのEOS-1DsはISO 1250まで感度を上げられましたが、それ以外はISO 400が限界で、暗い場所での撮影は全く向きませんでした。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A4%E3%83%8E%E3%83%B3_...
https://www.astroarts.co.jp/news/2003/09/16dcs_pro_14n/index-j.shtm...
http://kakaku.com/item/00501310147/spec/#tab

なぜ、35mmフィルム一眼レフのボディをベースにデジタル一眼レフが作られたかというと、上記のオーバーヒートの問題があったことに加えて、既存の高性能なレンズをそのまま使えるメリットもあり、コストを削減できたからです。

20年前にデジタル専用のマウントとレンズを新規に作って売るにしても、当時の技術では100万円以下で売るのも難しい時代であり、設計や製造によるコストも莫大にかかってしまうため、もし売れなければ倒産するほどの大きなリスクがありました。

1999年に発売されたニコンD1が100万円以下に抑えられたのは、既存のレンズシステムを利用できたことも要因だと言えます。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/990618/d1.htm

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる