ここから本文です

アパホテルの南京の本の内容は、正しいのでは?また間違っているのならば、どこが...

sei********さん

2018/11/821:28:06

アパホテルの南京の本の内容は、正しいのでは?また間違っているのならば、どこが間違っているのか、指摘するべきでは?

どうもー、ID名「正義のために真実」こと「雷蔵」であります。
雷蔵とおよび下さい。


>南京大虐殺は国も歴史学者も認めている史実ですが、基本的には、個人がどんな妄想を信じようが自由なので、やむを得ないでしょう。APAの評価に対しては、同意します。


アパホテルの本の内容を知ってるんですか?
知らないですよね。
https://www.apa.co.jp/newsrelease/8325

これは、アパホテルの公式発表の内容だそうですし、本からの引用だそうです。

これを読めば、
1 30万人および、六週間という長期間の事件は、あり得ない、と、言っている事は明らかです。

2 東京裁判での南京事件の証言者は、大ウソをついている。

3 南京大屠殺記念館の写真は、ニセ写真ばっかり

という事であり、
逆を言えば、殺人が一件もなかった、と、言っている訳ではないですよね。

3つの主張とも、歴史学者がみんな認める真実ではないでしょうか?


それよりも、
あなたの主張とアパホテルの主張とどこが、違うのでしょう?
全く、同じではないでしょうか?

中国人があなたの主張を聞いても、南京事件はなかった、と、言った。
と怒り狂う事は、明白ではないでしょうか?

南京事件とは、
大規模の虐殺が長期にわたって、継続的に行われた事件であり、
これを否定するあなたの主張も
中国人からみれば、南京事件はなかった、と、言っていることになるのではないでしょうか?

中国人だけでなく、世界中の人にとって、南京事件とは、大規模の虐殺が長期にわたって、継続的に行われた事件という誤った認識です。

南京事件はあったことは、明白ではなく、
大規模の虐殺が長期間にわたって継続的に行われた事件でなければ、南京事件とはいえない。
つまり、なかった、という表現が正しいのではないでしょうか?

閲覧数:
88
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xxy********さん

2018/11/923:34:24

>どこが間違っているか指摘するのは簡単です「ほぼ全部」です

何を言っているのか意味不明ですが

この人、たくさん証拠があると毎度毎度繰り返すのですが

その証拠とやらを出したことがない。

まるで「狼がやってくるぞ」と何度もウソをつく「狼少年」のようですね(笑)


アパホテルの見解とは異なるのですが

「南京大虐殺」は中国国民党の「宣伝」であることは「宣伝」していた当時者の自伝、中国側の機密文書、中国のスパイとやりとりしていた外国人の手紙から「歴史的な事実」です。


https://blogs.yahoo.co.jp/xyzxy888/49159019.html

立命館大学名誉教授の北村稔氏は「南京事件 虚構の確認」「諸君!」平成14(2002)年6月号で

「筆者は、2001年11月に文春新書『「南京事件」の探求―その実像をもとめて』(以下、『「南京事件」の探求』)を出版し、「文字資料」に基づいて、日中戦争中の1937年12月から翌年の3月にかけて発生したとされる「南京事件」の実態を、「歴史学の基本原則と常識に基づいて」探究した。
その結果、第2次大戦終了後の南京と東京における連合国側の裁判で断罪された「南京大虐殺」は、日本の戦争犯罪を裁く中核にしようという政治目的により立ち上げられた虚構であったことが明らかになった。」

と書いている。

さらに、市民の被害についても「南京安全区国際委員会」が日本側に12月17日に出した書簡の中で

「13日に貴軍が入城したときに我々は安全区内に一般市民のほとんど全体を集めていました。」

と書かれているが、その「安全区」の殺人は日本軍が入城した12月13日より6週間でたったの「49人」、しかもすべてが「伝聞」であり不確実な情報というもので信頼性に乏しい。

中国国民政府外交顧問の徐淑希編『南京安全区の記録』(1939年)より


東京裁判に備えて、中国国民党が証人を集めるために設置した「南京敵人罪行調査委員会」が一九四五年十一月七日から一九四六年一月二十日までの経過報告の中で以下のように書いている。

▼「南京地方検察処敵人罪行調査報告」

「進んで自発的に殺人の罪行を申告する者、甚だ少なきのみならず、 委員を派遣して訪問せしむる際に於ても、 冬の蝉の如く口を噤みて語らざる者、或いは事実を否認するもの、・・・」

証言をしない者が続出して、なかには否定する者さえいたとされ、3か月も調査して被害者関係者の証言は1件もなかったのである。

考える頭があれば「虐殺」はなかったことなんぞ、子供でもわかる話である。


虐殺信者どもは、さすがに市民の虐殺では旗色が悪いとみえて最近では中国兵の不法殺害と言い出したが、これも国際法でみれば「不法殺害」にはならない。

1907年10月18日にハーグで署名された宣戦布告に関する条約「開戦に関する条約」の第一条には

「明瞭かつ事前の通告なくして、其の相互間に戦争(hostility)を開始すべからざることを承認す。」

とあるが、日中戦争には「明瞭かつ事前の通告」がなく、国際法上において「戦争」ではない。

▼『日中開戦 軍法務局文書からみた挙国一致体制への道』北博昭

「繰り返してきたが、日中の戦いは、国際法上の戦争ではなく、事変であった。」


「戦争」でないのだから、戦時国際法は適用されない。

適用されないのなら、敵兵を無条件に殺害しても「不法殺人」にはならない。



▼『戦争と法』 筒井若水教授(※国際法学者、東大名誉教授)

「4.戦争に至らない戦争


戦争の開始を決定することは、関係国を規律する法規を決定する前提となる。したがって、戦争の開始が法的に確認できなければ、実際に交戦行為が行われている場合でも、当然には、戦争法が適用されることにはならないのである。」


以上、だれでもわかる簡単な話なんだが、「バカ」にかかるとこんなぐあいに

わけのわからん返信がやってくる。


https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q111981768...

>いやー、愉快愉快。
>日中戦争は、戦争ではないから、どんな非道も許される、と、
>こういう訳ですか?

>でも、
>そういう言い方をすると、
>日本は、日中戦争で非道な事をいっぱいした、と、国民は
>思うんじゃないかなー。


>ぶっちゃけ、
>恋と戦争は何でもありなんだよ、
>とか言われる方がこちらとしては、困ったな。

何の話をしているんだろ(笑)


>有意義な回答でした。
>もちろん、
> 反面教師としてです。

こっちは、無意味だったがね(笑)

>ぜひ、続きをやりたいものです。
>近いうち再掲しますので、その時は、よろしく

バカの相手なんて御免被るね。

>キミの相手をしていると無限ループで眠たくなるだけなんで
>閲覧者の参考用として回答を残しておこう(笑)

と返信しているのに

日本語のわからん輩は、これだから困る(笑)

虐殺を主張している輩はこんな「バカ」ばかりだね。

  • 質問者

    sei********さん

    2018/11/1201:37:04

    >適用されないのなら、敵兵を無条件に殺害しても「不法殺人」にはならない。


    日本軍は、敵兵を無条件で殺したりしてはいないと思います。
    それから、


    >虐殺信者どもは、さすがに市民の虐殺では旗色が悪いとみえて最近では中国兵の不法殺害と言い出したが、


    この点も、殺害したのではなく、
    逃げられた、が真相で、
    16師団の中島師団長は、逃げられた事例を
    処理と嘘の記述したことが確認されています。

    中島師団長の日記では、太平門で1500人だっけ?を処理した事に
    なっていますが、現場の兵士の日記では、太平門で捕虜に逃げられてしまった、と、記述されています。

    中島師団長の日記では、佐々木支隊長が、25000人を処理したことになっていますが、
    秦郁彦さんは次のように述べています。

    わずかな予備隊しか持たぬ支隊本部が全滅を免れたのは、
    中国兵の目的が逆襲よりも、退却にあったせいだろうが、
    中公新書 南京事件114ページ






  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nar********さん

2018/11/900:05:30

あほらしい。アパホテルの本の内容くらい知ってますよ。昔ニュースになった時に紹介されましたからね。でたらめもいいところですな。明らかにデマとわかる内容の本を鵜呑みにしたなんの価値もないくだらない本です。こんな本を外国人の目に留まるホテルに置いたりしたら、日本人の良識が疑われますね。

あなたがあげた三つの点についても呆れますね。あなが歴史学者の見解の何を知ってるんですか? あなたの文章からは「何も知らない」ということがよくわかりますね。三つとも、別に歴史学者は認めていません。そもそも、あなたが提示したリンク先にこういう文章がありますよね?
「本書籍の中の近現代史にかかわる部分については、いわゆる定説と言われるものに囚われず、」
基本的に「定説」とは、多くの学者が認めているもののことです。この本はそれに囚われないのだから、むしろ「学者の見解とは違うよー」と白状しているようなものです。

「南京事件とは、
大規模の虐殺が長期にわたって、継続的に行われた事件であり、」

勝手に決めるなって話ですよ。別に中国側だって、そんなあいまいな主張はしていません。長期でなければ、継続でなければ南京事件ではないなんていうのは、あなたの勝手な思い込みにすぎません。

どこが間違っているか指摘するのは簡単です「ほぼ全部」です。

2018/11/822:15:24

間違ってるからではなく、正しいから問題にされてます。

uji********さん

編集あり2018/11/822:00:28

アパとか…銀河鉄道ビールバスとか…
日本会議が…チンピラみたいな人生を送ってる身内に…銭儲けさせる為に…
規制緩和を利用した典型な~♪
ワシの爺は…士官学校を次席で卒業した…いわゆる「恩賜の銀時計組」だが…
折り悪く…ドイツに留学できる筈が…シベリア出兵させられて…
その後…アレコレ…執筆して…吉野作造に評価されたバッカリに…若くして…予備役に編入されたが…
南支事変で…再出征。
南京での従軍日誌が残っているが…
明らかに…虐殺は有ったね。

自分を庇う為に…歴史を歪める連中は…日本の恥の…オナニストだと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる