ここから本文です

当店のブランド(商標登録)商品が無断でYAHOOショッピング、YAHOOオークションで販...

アバター

ID非公開さん

2018/11/903:10:35

当店のブランド(商標登録)商品が無断でYAHOOショッピング、YAHOOオークションで販売されています。現在削除依頼中で、何件か削除されたものもあります。

が、依頼しても商品ページを削除しない出品者がおります。

現在弁理士に相談中ですが、仮に違反している出品者を阻止できたとしても、YAHOOの運営の仕方に問題があり、結局いたちごっこになると思います。
知恵袋やネットのトラブルを検索していると、著作権等の問題のほか、YAHOOでの詐欺、高額転売、偽ブランドの出品、などまるで対策をしていない運営に問題があると思われます。
以前メルカリや楽天でも無断で販売された体験、その他同様の問題がありましたが、運営サイトが規約に厳しくしてくれたせいか、随分改善されました。

YAHOOは明らかに違反している出品者に「違反報告」があっても削除しません。
また、訴えに対して大企業には即座に対応するにも関わらず、個人や小店舗などには全く公平に対応してくれません。
違反していると分かっていながら削除依頼しても削除しないYAHOOに法的措置(訴え)することはできるでしょうか。

閲覧数:
64
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ato********さん

2018/11/1006:56:15

削除依頼というのは出品者に直接、質問から通告しているんですか?
違反申告からですか?

それだと、出品者の意識の問題でヤフオクから削除されアカウント停止や削除にでもならないと難しいですよね。

説明文に、取引方法が規約違反行為を記載している等の場合でもないと、ヤフオクが真贋を見極める能力やシステムが無いですからね。

それと違反申告する利用者の良い評価数が高い人からだと削除されやすかったりします。
違反申告された側に配信されるメールに評価の高い人から違反申告があったと記載されます。

過去に、詐欺被害者達がヤフオクを訴えた事があるようですが敗訴しています。

https://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/11/12/21497.html


下記は利用されたんでしょうか?

https://business-ec.yahoo.co.jp/ppip/

大量に販売しているのであれば、被害届を出して警察が動いて情報公開請求された相手を民事で訴えるとかでしょうか。

とにかく偽ブランドや不良品、様々な被害があるようです。
商品が削除されてもアカウントを変えて出品したりしますからね。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/11/1010:01:09

    ていねいな回答ありがとうございます。
    「ヤフーは出品者と落札者の交渉に関与しておらず」
    これが一番の問題です。メルカリの真似ばかりしてるのに良いところは真似しないんですよね。

    「知的財産プログラム」もAとBがあって、大手企業の訴えにはネットで即座に対応しますが。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/11/15 11:57:56

YAHOOが違反出品者を容認している限りこの問題は解決しません。
警察にも報告します。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

fjc********さん

2018/11/1023:03:51

>当店のブランド(商標登録)商品が無断でYAHOOショッピング、YAHOOオークションで販売されています。

詳しい状況が不明な部分が多いので、あまりまともな回答は致しかねますが、
そもそも、貴店の登録商標を付した商品であっても、貴店から正当に購入した商品を、再販売する行為までは差止められないものと存じます。特に、YAHOOオークションは、中古品も多く個人などからの出品も多いので、商標権侵害品かどうかを論ずることはそうたやすいことではないかもしれません。

弁理士にもご相談中とのことですから、そちらに期待する方が良いのではないでしょうか。具体的な詳細な事情を開示できない無料サイトの知恵袋では、お示しできる判断・知見は、当然、具体的かつ詳細な情報をすべて知り得る弁理士には到底及びません。
ですので現状では、その弁理士を信頼し、なるべく詳しい情報を共有するようにすることが、より賢明な方法かと思われます。
なお、訴訟も視野に入れると、弁理士よりも「商標訴訟事案も扱う弁護士」の方が、頼もしいかもしれません。弁理士は、特許庁手続以外は疎い場合も多いですし、商標事件であっても、訴訟代理できない弁理士もいますので。
弁理士が、知的財産の訴訟代理を行うためには、いわゆる「付記登録」が必要です。相談している弁理士が「付記登録」済であればその点の心配無用かもしれません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる