ここから本文です

江戸時代の人名漢字について質問です。 主税と書いて「ちから」主水と書いて「も...

kan********さん

2018/11/908:45:42

江戸時代の人名漢字について質問です。
主税と書いて「ちから」主水と書いて「もんど」主人と書いて「ぬし」と読みます。
長野主膳は何と読むのでしょう。

閲覧数:
82
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jij********さん

2018/11/910:20:44

「ながの・しゅぜん」と読みます。主税、主水、主膳などの人名は、律令制の役所・役人の名称に因みます。「主税」は、民部省の主税寮に因んだ名前であり、主税寮(しゅぜいりょう)を和訓で「ちからのつかさ」と読んだことに由来します。「主水」は、宮内省の主水司(しゅすいし/もいとりのつかさ)に由来し、「もいとりのつかさ」に役人の敬称である「殿=おとど」が接尾し転訛して「もんどのつかさ」と呼ばれたことに因む名前でです。最後の「主膳」は、東宮の主膳監(しゅぜん・げん)という役所に由来しています。和訓では「みこみでのかしはでのつかさ」という長ったらしい読みですので、こちらは音読みの「しゅぜん」としたのでしょう。これらの名前を「百官名」と言います。江戸時代に律令制の役所や役職の名前にちなんだ名前を付けることが流行したのです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

kan********さん

2018/11/910:17:37

ながの・しゅぜん

「百官名(ひゃっかんな)」で検索なさいませ。
主水や主税が見つかります。

cr4********さん

2018/11/908:47:58

"ながのしゅぜん"

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる