ここから本文です

ソ連は、なぜベルリン封鎖を解除したのですか?

アバター

ID非公開さん

2018/11/922:37:01

ソ連は、なぜベルリン封鎖を解除したのですか?

参考書には、
「西側の大空輸作戦の明白な成功によりベルリン封鎖の失敗を認めざるを得なくなったため」
のようなことを書いてあったのですが、西側は大空輸作戦実行中17機のアメリカ軍機、8機のイギリス軍機、合計100人以上の犠牲者を出したとか書いてありました。ソ連の妨害も少なからず成功している中で、これ以上続けるメリットがソ連側にはなかったのですか?

閲覧数:
84
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yam********さん

2018/11/923:26:31

その通りです。

ソ連は西ベルリンへの地上(船舶、鉄道、道路)からの交通を封鎖し、食料と物資を欠乏状態にさせることで、西ベルリン市民に米英仏への不満感情を持たせ、社会主義革命を引き起こさせ、東ドイツ側に参加させようと考えます。
また、西ベルリンに駐留していた米英軍を撤退させることも狙いでした。

当時の西ベルリンには200万人を超える市民が暮らしており、食料や石鹸など、その生活物資は最低でも1日当たり4,500tが必要で、ソ連は地上の交通路を封鎖すれば空輸だけではとても物資輸送をカバーしきれず、西ベルリンを追いつめられると考えたのです。
(航空路は協定で自由な運航を保証されていたため封鎖できなかったのもあります)

しかし実際には米英両国は大量の輸送機を動員しパイロットを訓練して空輸作戦を実行し、西ベルリン市民の生活を支える空輸をし続けることに成功します。

ソ連は1948年6月の封鎖開始から、1949年5月までの1年近くに渡る米英の空輸作戦の成功を受け、地上封鎖の有効性がないと示されてしまったのです。

さらに、ソ連は西ベルリン市民の間に「無力な米英に対する不満を生み、社会主義革命を起こす」ことにも失敗しました。
西ベルリン市民は封鎖により自分たちを飢餓に追い込もうとする凶暴なソ連を憎み、自分たちを必死に助けようとしてくれる米英を応援するという状態になったのです。

こうして、ソ連は西ベルリンを封鎖した目的が達成できない(もはや封鎖を続けるメリットはなくなった)と判断し、封鎖を解除したのです。

アバター

質問した人からのコメント

2018/11/10 07:02:55

ありがとうございます!とても分かりやすかったです!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる