ここから本文です

回答受付終了まであと4日 回答を投稿すると知恵コイン15枚が追加されます

アメリカの就労ビザについて

アバター

ID非公開さん

2018/11/1110:18:24

アメリカの就労ビザについて

私は東証一部上場企業の中国子会社で働いておりますが、アメリカ行きへの打診がありました。

私の最終学歴は中卒なのですが、就労ビザなど取得に問題はないのでしょうか?

中国では代表を3年ほど勤めており、アメリカでは代表か副代表として立ち上げで打診がございます。

閲覧数:
86
回答数:
7

違反報告

回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

tx_********さん

2018/11/1310:20:35

日本の会社からの派遣であればLビザかEビザでしょう。LビザやEビザなら学歴は関係ないと思います。現地採用のH-1Bビザなら大卒以上という決まりがあります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ane********さん

2018/11/1305:30:02

代表ならば、Lビザ(管理職のビザ)か、Eビザが取れると思うので、Lビザや、Eビザなら、Hb1とは違い、学歴は関係ないです。

詳しくは、会社が雇う移民弁護士に相談するのがいいです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

hay********さん

2018/11/1304:56:09

会社組織の一員としての、派遣駐在なんだから、問題ない。

プロフィール画像

カテゴリマスター

mus********さん

2018/11/1114:53:25

東証一部上場企業であれば、海外派遣は珍しいことではないと思いますので、会社に任せておけばいいです。

仮に、学歴詐称と化している場合は、大事に至らない間に修正しておいたほうがいいです。

gof********さん

2018/11/1112:10:22

お疲れ様です。

私は現在は引退していますが、過去に海外ビジネスを行っており、質問者様と同様のケースを取り扱ってきました。自身の経験からお知らせ致します。

先ず、中卒を心配為されて居られますようですが、アメリカビザ申請に関しては、学歴は審査対象になります。但し、ビビらずにトライして下さい。

仮に、御社がアメリカへ会社を立ち上げるとして、それに沿って、質問者様の渡米手順を簡明にお知らせ致します。

Step 1.:ESTAで短期間商用(B-1)渡米して、現地で会社を立ち上げる際の現地の取引会社との打ち合わせを行います。御社の担当社員がそれを行うのであれば、その詳細把握の為に同行渡米します。その後、ESTAでの立ち上げ前の事前打ち合わせの渡米を頻繁に行うこととなります。

Step 2.:現地法人を設立後、その法人を代表、若しくは副代表として、運営する目的で、駐日アメリカ大使館・総領事館へ所定のEビザ申請を行います。このビザ申請は大変厳重に審査されます。厳重と言いますのは、アメリカでの立ち上げた会社がアメリカの国益になるのか?、現地のアメリカ人の雇用を促進するのか?を審査されます。審査はアメリカ人の査証担当領事が行います。その際に或る程度の英会話能力や経営者適正資質をチェックされます。

Step 3.:駐日アメリカ大使館・総領事館でEビザ申請が認められれば、所定のビザが発給されます。晴れて、渡米して下さい。そして、駐在員としてアメリカの現地法人をmanagementして下さい。

以上、頑張って下さい。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/11/1112:12:12

    ありがとうございます。大変参考になります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる