民主党の前田雄吉議員の、ネットワークビジネス業界での講演料受取が、なぜいけないのでしょうか。 ネットワークビジネスは、特定商取引法で、厳しい規制はあるものの一応商取引のひとつとして 認められて

消費者問題1,417閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

2

2人がナイス!しています

その他の回答(6件)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

1

概ね他の回答で否定されてますが、 一部残っているので、その点について回答してみましょう。 >マルチ商法(ネットワークビジネス)は、金持ち父さん貧乏父さんの >ロバートキヨサキ氏も認めています。 その「認めている」というのからして、事実かどうか根拠に乏しいのですが、 マルチ商法従事者が、やたらとその人の名前を担ぎ出す所為で、 「ロバート・キヨサキ = 怪しげなおっさん」という不のイメージが定着しそうです。 さして興味は無いのですが、この機会に検索してみました。 ロバート・キヨサキ(ウィキペディア) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A8%E3%82%B5%E3%82%AD フィクション小説のベストセラー作家で、 マルチ商法の会社「SkyQuestCom(スカイクエストコム)」で 講演を提供している訳ですね。 単に金を貰って講演しているだけのようですが、 もしかして、貴方が「認めている」と言ってる根拠はこれですか? マルチ商法の会社に講演を提供しているからといって、 マルチ商法を認めているとは限りませんよ。 それとも、この講演内容が「手放しでマルチ商法を褒め称える」ような代物なんですか? だとすると、その時点で「救いようの無い馬鹿」と断定せざるを得ませんが、 多少なりとマルチ商法の実態を知っている人間なら、 そんなリスクの大きいことは言いませんよね。 まあ、万が一、講演で「マルチ商法は素晴らしい」とか言っていたとしても、 金貰って適当な事をほざくだけなら、どこぞの政治家にも出来るというのは、 他の回答者の皆さんが提示しているとおりです。 >逆に、日本の社会が偏見に満ちていませんか? この件だけを見る限り、社会は正常です。 その中で、貴方の認識がずれているだけです。

1人がナイス!しています

1

ヌハハハhっマルチ商法などを対象とする「厳しい規制」はナゼあるのかな?消費者保護のためだよ! また、「厳しい規制」を守れない輩がわんさかいるから被害者が出るし色々騒がれるのだよ!! 「合法」とわざわざ言う時点で藁藁だ。 「違法なら」って・・・・会員になった時点では違法でも何でもないよ。 しかし!そこから次々と違法行為を繰り返す輩がいるから問題なんだよ。 違法としりつつ、もしくは違法だと知らずに違法行為を犯しやすい「仕組み」があるから問題有なんだよ。 たとえ、「ろばーときよさき」が認めてもオレは認めん!!! 今後は法整備も強化されるだろうね(`・ω・') 全否定するつもりはないけど、逆にあんた偏りすぎ!! あっ、企業からの献金って受け取ってもいいの?

1人がナイス!しています

0

この前田議員は、業務停止命令を受けることのなった、業者から献金をもらっていました。 過去に遡って徹底的に糾弾してきたのは、野党です。 本来なら、糾弾するほうも揚げ足を取るようで可愛そうな気もしますが、自分たちのことを棚にあげて、糾弾されるのは仕方がないと思います。 ネットワークビジネスは合法的に大手もやっています。「オリックスの子会社」「仁丹」「タッパー」‥ 別に紹介者に報酬を払うシステムは、アフリエイト手も合わせて多くやっていますので、偏見とか商法ウンヌンと、そういう指摘はピント外れでしょう。 記事によると、この業務停止命令の会社は「絶対儲かりますよ」と言ってみたり、強引な勧誘等、法律違反行為を繰り返したため処分を受けていたそうです。 (一昔前のマルチ悪徳商法の典型ですよね‥)このような聞いた事もないマイナーな怪しい会社から献金をもらっていた議員の脇が甘いというか問題があったと思います。

0

携帯からですので、字数制限もあり少しだけ。 業者から金を受け取って業界寄りの国会質問をする事は、受託収賄を疑われる行為です。余りの質問の酷さに共産党議員から苦情の国会質問があったようで。 マルチ商法は、法理論上禁止が難しい為、禁止ではなく、厳しい規制を選んだそうです。 同様に規制されるものに、押し売り、内職商法、送り付け商法等があり、これ等は禁止されていません。 「法律で認められた、立派なひとつの商取引です」と述べる事は場合により、不実の告知という違法行為となります。 マルチ商法は、世界中で嫌われています。ハーバードにも嫌われています。それが全てを物語るでしょう。。 http://www.usatoday.com/money/perfi/columnist/lamb/0007.htm 勘違いした有名人がマルチ商法を賛美することは珍しくありません。

1

こんばんは。 >ネットワークビジネスは、特定商取引法で、厳しい規制はあるものの >一応商取引のひとつとして認められている合法ビジネスです。 厳しい規制があること自体が問題です。 まともに認められるのだったら、規制などない方がよい。 その方が自由に活動できるからです。 つまり、厳しい規制があると言うのはそれだけ自由に行わせるに値しない ということであり、世間一般にはこうした状態を「認められている」とは言い ません。 禁止されていない、だから合法と言うのは極めて安直です。 それはともかく。 >合法な商取引に関する講演会ということで、これだけ批判される政治家は >いままで居なかったと思います。 国会議員も公務員ですが、特定の業界や会社から献金を受けつつ、その 業界や会社の擁護を繰り返す、と言うのは極めてアンフェアです。 つまり、金をもらって肩入れするとすれば、場合によってはその金は賄賂 であり、もらった方は収賄罪、贈った方は贈賄罪に問われます。 その可能性もあるから、非難されているのですね。 マルチ商法の会社だったから、と言うのは関係ありません。 余談ながら、この前田議員、マルチ商法(ネットワークビジネス)にお追従 を述べたのはいいが、かなり支離滅裂、意味不明な妄言をのたまってい ます。 >その会社が業務停止処分をうける前の講演会といいます。 業務停止処分は過去の不正に対して科されるものです。 と言うことは講演会をした当時は不正がはびこっていたことになります。 業界の利益を代表する存在でありながら、そのようなことを認識せずに 講演会を引き受けたことは、極めて脇が甘いです。 同情の余地はありません。 筆者追記: 10月15日の報道によれば、前田議員は脱税で罰金を科さ れた会社から講演料を受け取っていたとのことです。

1人がナイス!しています