ここから本文です

バイクのマフラーを完全に錆取りし、内部に再び錆が発生しないように予防したいと...

oot********さん

2018/11/1314:16:02

バイクのマフラーを完全に錆取りし、内部に再び錆が発生しないように予防したいと考えています。

完全にさびないようにするのは難しいと思うので気休めになればと思っているのですが考えている方法が二つあります。

一つは
耐熱のグリススプレーをサイレンサー側とエキパイ側から吹きまくりエアーでまんべんなく広げグリスでコーティングする方法と

二つ目は
耐熱のマフラー塗料を流し込みまんべんなく回したりして広げていく方法です

やっても無駄という意見はさておき
どちらのほうが効果的だと思いますか?

閲覧数:
83
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bmw********さん

2018/11/1315:07:44

解 どちらの方法も効果的ではない。

4stエンジンのマフラー内部が錆びる原因は排気ガス中の硫黄酸化物が水と反応して希硫酸ができることにある。
なのでどんな塗装をしても早々に剥がれ落ちてしまうと思われる。
剝がれ落ちると詰まりの原因になる。
2stエンジンは常にオイルを燃しているので排気管内はオイルまみれになるため、内部に錆は発生しない。(錆は発生しないがオイルスラッジによる詰まりは発生する)
ただし、4stマフラーにグリスをコーティングしたところで熱と排圧であっというまに吐き出されてしまうと思われる。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2018/11/1314:56:12

どっちも似たり寄ったりで効果薄と思う。
燃料にたまに4stオイルを混ぜるとか。
なんで4stオイルか。
2stオイルは燃えやすいように作ってあるので効果薄。
目的はマフラー内部のオイルコーティングなので、あえて4stオイルがよろしいかと。
入れてしばらくは白煙出しっぱになるが、今コーティングしてるんだなぁと実感できて良しかも。

chi********さん

2018/11/1314:42:08

グリスも塗料も詰まりの原因になります。
そうなったらおしまいなのでやめましょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

m45********さん

2018/11/1314:23:05

どちらも良い方法とは言えません。

グリスは即燃え尽きますし、塗料をまんべんなく流し込めば目詰まりを起こしますので使い物になりません。


どうしてもの場合は分解が必要です、
切って、整備して、張り付けです。


交換が望まれます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる