ここから本文です

50年代~80年代のMTV華やかかりし頃の音楽は、

アバター

ID非公開さん

2018/11/1507:30:04

50年代~80年代のMTV華やかかりし頃の音楽は、

楽曲それぞれのクォリティも高く、吉田拓郎だ、沢田研二、山口百恵だ、松田聖子だ、美空ひばり、島倉千代子、中島みゆき、ユミン、都はるみ、中森明菜、小泉京子、アリス、武田鉄也、赤い鳥、橋田のりひこ、森昌子、桜田順子、田原俊彦、近藤真彦、シブがき隊、少年隊、郷ひろみ、西城ひでき、野口五郎、イモ金トリオ、光GENJI、
男奮闘組、おニャン子クラブ、三原順子先生、海援隊、
かぐや姫、こまどり姉妹、石原裕次郎、チェッカズー、早見優、相田翔子、菊池桃子、酒井法子、榊原郁恵、石野真子、大場久美子、能瀬慶子、
藤圭子、柏原よしえ、坂本九、森尾由美、嶋大輔、薬師丸ひろ子、守口博子、小林旭、渡哲也、やしきたかじん、岩崎宏美、岩崎良美、みのもんた、荻野目洋子、チェッカーズ、五木ひろし、瀬川瑛子、 長渕剛、徳永英明
チューブ、 吉幾三 中山美穂、工藤静香、浅香唯、プリンセス・プリンセス、Win斉藤由貴、竹内まりや、井上陽水、南野洋子、尾崎豊など、ヒットが多かったように思います。

それが2000年代に入り、ここ数年はあまりのヒット作の少なさに一抹の寂しさを感じております。
世界的エンターテイナーの激減及び洋楽全体の凋落なのか、
もしくはアラフィフの私が最近の洋楽シーンから単に取り残されているだけなのか?理由を教えてください。
特にお若い方の意見を期待します。

閲覧数:
190
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

moo********さん

2018/11/2120:24:40

列挙されている歌手を見ると50年代の方は殆どいませんね

質問者様はアラフィフなので、子供の頃から青春時代にかけてのテレビですぐ見ることのできた、誰もが知っている歌手といった印象です

一般的に、大多数の人が青春時代までの音楽をその後の人生においても好んで聴く傾向があるそうです

ですから、取り残されいるというか普通のことだと思います

CD売上のヒット曲は少ないかも知れませんがYouTubeの再生回数が1億を超える曲があったり、ダウンロードがミリオンだったり…現在もヒット曲はそれなりにあるようです

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「都姫ここ」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ais********さん

2018/11/2117:23:15

今は知ってる曲が無い時代です。
ダウンロードで好きな曲が買える時代。
ヒット曲が無いと言われるのもそのためですかね。

mi_********さん

2018/11/2100:36:04

もう出尽くしてしまったと思います。
音楽のジャンルにしても、リズムを取れるものは限られていますし、歌詞のテーマにしても大体「恋愛」とかそういうのばかりで、似たような物ばかりになってしまいます。

昔の方が1曲レコーディングするのに凄く手間やお金が掛かったと思いますが、今は昔ほどは掛からないので、手軽に創れると言う点も違うのかな?と思います。
(昔は、煮詰めてじっくり創ったものが、今は煮詰めないでそのまま・・・と言った感じでしょうか・・・)

ano********さん

2018/11/1720:31:37

30歳の者です。あなたも僕も、取り残されてるのではなく、最先端を行っているのです!!今の音楽はレベルが低くて聞いてられないのです!!
僕は、中3の時に時に既に、エルヴィスプレスリーの良さに気づき、その後ずーーと今なお聴き続けています!!
https://www.youtube.com/watch?v=FAx-Fqi_zrw
Elvis Presley - A Little Less Conversation
今こんなに凝ったメロディの曲なんて日本にはないでしょ!
歌ってみて、ピアノで弾いてみて、レベルの高さに気づきます。
今の邦楽は、すぐに簡単にメロディを掴み、歌えるので、ショボい曲ばかりです。
分かりやすくて、かつレベルの高いセンスの高い曲「WOMAN~Wの悲劇」のような曲も今の日本にもうないのが悲しいです。

好き嫌いの好みではなく、レベルの高い歌唱を、すでに高校の時から求めている脳だったので、その後高校の時には、80年代の邦楽の素晴らしさにのめりこみ、陽水→安全地帯→と80年代の邦楽もマスターしました!!

最近で言うと、2007年頃に、エグザイルにはまり、現代のレベルの高い音楽に触れられましたが、その後はもうないです。2010年以降は全くいい曲がないです。
だから昔の曲が良くて聞いてるのが、時代の最先端を行っている人です!!

https://www.youtube.com/watch?v=VqyVe8tfLm0
Elvis Presley - A Big Hunk O' Love (Audio)
この曲も1956年の曲なのに、今より遥かにレベルが高い!
こんな凝りに凝ったメロディなんてないし!!センス抜群で、なによりも歌が超絶に上手い!!個性的!!すべて揃ってる!!
何よりも一発録りの空気感が凄くて、レコーディングしたその場の緊張感や狂気感が、音から伝わってくる!!
だからもうこの音源を10年聴き続けているという現状ですね!!

今の音楽はコンピューターに染まっていて、機械独特の音になってるので味がなく、奥深さがないので、聴けたもんじゃないですね。レベルが低すぎる。
そんな音楽は聴かない、耳がイイ人ならばね!!

wku********さん

2018/11/1604:17:12

幾つか名前の間違いは置いときまして…、
昔は、もっと季節を意識して曲を出してましたね。その時その時に感じられる楽しめる曲だったと思います。毎年その季節には新しい曲が出てくるので、去年の曲は古いって事になるし、その年を刻む事になります。ただ、「春なのに」とか「贈る言葉」とか行事的なものとか夏のチューブとか冬の広瀬香美、山下達郎とか象徴的なものは長年愛されましたね。
今は、"いつでも聴ける人生の応援歌"を歌いたい、とか書きたい、作りたい、っていう若い人が増えました。季節関係無いですよね。ですから、いつでも聴ける。去年とかいう感じもしない。そんなに慌てて聴かなくてもいい訳です。コンサートの前に聴いて置きたいという位でしょうか…。だから発売したら焦って買うとか昔程無くなってきていると思います。
昔は、海外からの洋楽をカバーしてヒットする曲がたくさんありました。秀樹さん郷さん野口さんWinkとか。ご本人が見つけた曲もありますし、プロデューサーが持って来た曲もあります。だから世界的に売れていた曲もカバーとかいう形で触れていた訳です。今はあまりないようですね、そういう事をしようとする人がいないのかも…、日本の曲を海外へという矢印はありますが。
海外では、今の洋楽は活気あります。凄いなぁと思っているのになかなか日本の音楽シーンに入ってこないなぁと思います。この曲好きなのに日本では流れないなぁと思う事がよくあります。誰かカバーでもしないかなぁとか…。というように今は日本では自分で取り入れている人しか知らないって事はあるとます。(韓流位ですよね、入って来るのは…)
渡辺直美のビヨンセとか、ブルゾンちえみのネタに使った曲は新しいと感じも本人にしたら何年の前の曲で、それ位日本には浸透していなくて、ビヨンセの最近の曲を渡辺直美がやっても"知らな〜い"みたいになってました。それ位入ってきてないって事ですよね。

音楽番組も海外では活気があります。し、豪華です。日本は、曲が売れなくなったと同時に縮小で曲事のセットも無くなり(美術さんがかわいそう、映像もまだ伸びしろありですね。)予算節約です。

昔はバラエティー番組では歌手をゲストで呼んで、必ず歌を歌ってもらいましたね。突然歌のコーナーになる訳ですけど、気持ちの切り替えを視聴者も楽しんでいたと思います。そんな歌番組でない番組で歌っている映像もたくさんyoutubeに上げられてます。

今、お笑い芸人さんがバラエティー番組を持ってもそんな事をする人はいませんね。逆に歌手の方を突っ込んでばかり…。それは昔もありましたけどちゃんと歌手の本業を尊重させてました。

今のTVはお笑い芸人さん主流ですから、芸人さんがそういう事をやってくれないと、気付いてくれないと駄目だと思います。

ダンス主流のアーティストさんやシンガーソングライターさん歌手の方々をちゃんと活かしていければと思います。○○芸人さんとか居ますから、そういうのをちゃんと整理して活かせられる芸人さんはいないでしょうか。(まぁ、いないのでしょうけど…。)

ここ何年かは、歌のレベルが低いなぁとは思ってました。東京オリンピックで、世界が見る所で歌える人はいるのだろうか…?とか。ただ、ここ数ヶ月でレベルの高い人を目にする事が増えてきたので(自分が今まで見ようとして無かったのか?)、この1年でガラッと変わって行くのではないかと密かに期待をしております。

mio********さん

2018/11/1601:33:27

学生です。
最近の同じようなメロディ、同じような歌詞に飽き飽きで
GSや70年代、80年代の歌謡曲を好んでおります。
ヒット曲の少なさ、周りでよく耳にするのは
作詞専門、作曲専門の方が少なくなってしまった。
そして、歌う側も量産型になりさらに歌手よりも
ダンスを重点とするアーティストが増えたことが関係していると思います
流行と言いましても、ダンスから有名になることが増えてたり...。
あと、最大はインターネットの普及により
CDましてやiTunesで買わなくともYouTubeで身近に感じられる。
テレビも熱がだいぶ冷めてきて、
自分の好みに塞ぎ込んでしまいがちなのではないでしょうか
共有しないといいますか...
情報がかんたんに手に入ることは素晴らしいことではありますが
そう考えると悲しく、寂しい気もしてしまいます

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる