ここから本文です

日蓮正宗の管長上人は血脈相承によって一般のご僧侶方とは異なる特異な能力を伝授...

nic********さん

2018/11/1517:09:34

日蓮正宗の管長上人は血脈相承によって一般のご僧侶方とは異なる特異な能力を伝授されると聞いたことがあります。それはどの様な能力なのでしょうか?宗教性が強い特殊な通力か何かなのでしょう

か?

閲覧数:
195
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oku********さん

編集あり2018/11/2113:00:18

開眼の能力です、


創価学会を破門すればその御本尊には効果は無いのです、破門後も暫く日顕書写の御本尊を拝んでました、


どうやって御本尊から魂を抜くんでしょうか?

電話料金未払いによる通信停止みたいな装置があるのでしょうか?


「魂を抜く装置」を御法主上人様がドラえもんからお借りになられたのでしょうか?

まさか、気合いだ、気合いだ、気合いだ〰️では無いですよね、


教えて下さい御法主上人倪下様

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hok********さん

2018/11/1915:01:17

正宗系って生きてる人を上人って呼んだっけ?

tou********さん

2018/11/1900:38:02

日蓮系の富士門流派(日蓮正宗)歴四年弱のものです。

「血脈相承」に対するあなたの受け取りかたに、少し誤解があるようです。
「一般のご僧侶方とは異なる特異な能力を伝授」なのですが、特異な能力の伝授などではありません。

「但古の人人も不可思議の徳ありしかども仏法の邪正は其にはよらず、 (中略)
されば天台大師の法華経を読みて「須臾(しゅゆ)に甘雨を下(ふら)せ」伝教大師の三日が内に甘露の雨をふらしておはせしも其をもつて仏意に叶うとは・をほせられず、」
(『御書全集』「報恩抄」 P319)

とあるが如く、特殊ないかなる能力も日蓮大聖人の仏法には不要なのです。

「教弥よ実なれば位弥(いよい)よ下れりと云う釈は此の意なり、四味三教よりも円教は機を摂し爾前の円教よりも法華経は機を摂し迹門よりも本門は機を尽すなり教弥実位弥下の六字心を留めて案ず可し。」
(四信五品抄 P339)

「教弥よ実なれば位弥(いよい)よ下れり」と仰せのごとく、日蓮大聖人の仏法は宗を名字即の位に建立するわけです。
末法の仏法は、天台大師の六即の分類の最下位である「名字即」において行じられるものなのです。
だからこの点においても、法主上人であろうが、一般僧侶であるが、すべては名字即の位なのです。
つまり、正しい仏法の名を聞き、それをただ信受してそれを貫くだけなのです。

ただ以上のことは、法義からのものであり、実際の教団の運営においては、やはりその役割分担における上下は当然あるわけです。
その意味において、法主上人は、当宗僧俗の筆頭であり、要でもあるということです。
それ以外の神秘的な意味合いを、「法主上人」に見る必要はないのです。
あくまで、法主上人の果たされる役割、職務が深い意義をもっているということなのです。

「血脈相承」(あるいは相伝ともいう)とは、法主上人が出家された時点から法主上人にならるまでの師弟関係の蓄積の総体をいうのだと思います。
それを、ある相伝の儀式等に局限化して見ようとするのは、創価の悪宣伝の手口の影響と思われます。

ということで、もう少し普通の事柄のように受け取るべきです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

wak********さん

2018/11/1718:05:03

>日蓮正宗の管長上人は血脈相承によって一般のご僧侶方とは異なる特異な能力を伝授される

仰る通りです。

正宗の「血脈」には二種類ございます。一つは代々の法主のみが繋がるという「血脈」。もう一つは法主が書写したりそれをコピーしたりする各御本尊に繋げる「血脈」です。後者は「開眼」という法主が行うパワー注入儀式によります。

これらの特殊パワーは「血脈相承」の儀式によって注入されます。
それは一言で言えば「大石寺の『弘安二年楠板大御本尊』と他の御本尊を繋ぐ能力」と言えます。もちろん逆に繋がっていた「血脈」を断ち切ることも可能です。


私は創価学会に籍を置いていますが、持っている本尊は学会推奨の「日寛本尊」ではなく、「日蓮正宗・創価学会」時代に受けた「日達本尊」です。

以前にこのカテで「法主が開眼した『日達本尊』だから当然功徳はありますよね?」と質問したことがございます。

法華講員(正宗信徒)さんたちのお答えは概して「組織が違うから『血脈』は切れていて功徳もない」ということでした。また、「正宗に入ればそのままの本尊で『血脈』が再び繋がり功徳も復活する」そうです。

そう言われて、私は「正宗に入ろうか」一瞬迷ったのですが、66世・日達上人と次の日顕氏との「血脈相承儀式」は、日達上人が急逝だったため執り行われていないことが判明したため、まだ創価学会に居ます。

日顕氏自身は「誰も見ていないところで日達上人と二人きりでやった」と言っていますし、「日記にも書いた」と言い張っていますが果たしてどうなんでしょう。「状況証拠」になり得るその日記は20数年たった今も出せていないようです。

また、「血脈相承」の象徴「相承箱」も引き継がれた形跡がなく、行方不明のようです。日顕氏本人は「大石寺の然るべき場所に厳重に保管してある」と述べてはいますが・・・・。


逆に日顕氏が「血脈相承」を受けていないことは様々な「状況証拠」から明かということで、日顕法主を始祖(宗祖)とする新興宗教という意味で、現正宗は「日顕宗」と呼ばれるようになっっています。




「もう『日顕宗』でいいわ!」

>日蓮正宗の管長上人は血脈相承によって一般のご僧侶方とは異なる特異な能力を伝授される

仰る通りです。...

tom********さん

2018/11/1619:06:59

本尊書写権だそうですよ。日蓮正宗で唯一本尊を書くことを許されているのは、管長猊下さん一人だけ。

唯受一人の血脈というのは、まこと不思議なもので、日蓮上人直筆の曼荼羅本尊にもそれが流れていないと、血脈のない魔札になるのだそうです。
拝んだら地獄行きの恐ろしい魔札本尊だそうです。


なんでも、その魔札本尊を拝んだ創価学会員が全国で多数、無実の人たちを巻き込み、阪神大震災、東日本大震災、熊本大震災、北海道大震災等の災害をもたらし数々の犠牲者が生まれたそうです。

信じられますか!?
日蓮正宗の血脈が流れない偽の本尊とやらを拝むと、世界各国で大災害が発生するのだというのですよ。
日蓮正宗の本尊を偽造して拝むと、何とも恐ろしい。核兵器とも見まがうほどの大災害を人々にもたらすと言うのです!

こんなにも危険なものを信者に下付する日蓮正宗!
もはや、テロの助長ですね!
逆に言えば、偽の本尊が出回らず、日蓮正宗本尊だけで世界がしめられていれば、全く災害や事件は起きないということになりますね。
なるほど、信者が必死で広宣流布のために無茶な勧誘するのも無理有りませんね。
何とも慈悲あふれる行動じゃありませんか。

とまあ、日蓮正宗ペースで書いておきましたが、そんな嘘っぱちを信じる人は日蓮正宗の狂信者以外にはいません。
もちろん、災害被災者を冒涜するとんでもない暴言ですよ。


さて、ここにそのへんのネットから拾った日蓮上人直筆本尊の印刷があったとします。そこに日蓮正宗管長猊下さんが魂を吹き込むと、あら不思議。
血脈の流れた申請本尊に早変わり!
この本尊を拝めば、如何なる悩みもたちどころに消えてしまう!
事故で手足を失った人には、手足がにょきにょきと生え、失明し眼球を取り除いた人には眼球が生えて視力回復し、死語100年たった人は墓場から骨が飛び出して肉体を再生して蘇る!・・・・訳はありませんww

ええ、無知蒙昧の馬鹿信者を騙くらかすための詭弁ですよ。


意味するところ分かりますか?
日蓮上人よりも、日蓮正宗管長猊下さんのほうが格上だ!ということですw

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

fuj********さん

2018/11/1618:15:09

具体的にはな、御本尊書写権持っとられる、これが一番大きいわな。
それと大石寺と宗門の管理運営権を持っられる言うこっちゃな。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる