ここから本文です

アセチレンの製法について。 アセチレンは、炭化カルシウムに水を加えると発生し...

kiku_draさん

2008/10/1616:57:46

アセチレンの製法について。

アセチレンは、炭化カルシウムに水を加えると発生します。

教科書の化学反応式は炭化カルシウムの係数を1、水分子の係数を2とし、水酸化カルシウムとアセチレンがでてきています。

そこで質問なのですが、炭化カルシウムの係数を1、水分子の係数も1として、酸化カルシウムとアセチレンができるという方法はどうしてダメなんでしょうか?

よろしくお願いします。

閲覧数:
22,526
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

y84rmhrvさん

2008/10/1619:51:10

炭化カルシウムが水と反応してアセチレンが発生する反応を補足のように考えた場合、
CaC2 + H2O → C2H2 + CaO
生成した酸化カルシウムは直ちに水と反応して水酸化カルシウムとなってしまいます。
CaO + H2O → Ca(OH)2
この2つの反応をまとめると、結局次の反応式になります。
CaC2 + 2H2O → C2H2 + Ca(OH)2

質問した人からのコメント

2008/10/20 06:58:01

なるほど!
水が大量にあるから更に反応が進むということですね。

ありがとうございました。
またよろしくお願いします!

「炭化カルシウム 水 反応」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dsmqmさん

編集あり2008/10/1709:56:18

炭化カルシウムに水を加えてアセチレンを作る化学式は、以下の通りです。

CaC2 + 2H2O → C2H2 + Ca(OH)2

つまり、炭化カルシウム1と水2からアセチレン1と水酸化カルシウム1がでてきます。

従って、炭化カルシウムと水分子の係数を同じ1としてしまうと、約半分の炭化カルシウムがアセチレンにならないで残ってしまいます。

また、

CaC2+H2O→C2H2+CaO

にならないのかとの考えもありますが、この式で出来たCaOが、水と反応して

CaO + H2O → Ca(OH)2

となってしまいます。

この反応力はCaOを維持するだけの力より強い為にCaC2がCaOにならずに反応残として残ってしまうのです。

つまり、化学反応の出来ないCaC2が残りとして出てしまうから、ダメなのです。

yutapaneさん

2008/10/1617:14:25

>炭化カルシウムの係数を1、水分子の係数も1として、酸化カルシウムとアセチレンができる

それは事実ではないのでダメです。そういう反応は起きないと思います。
化学反応式は事実を表わすことになっています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。