ここから本文です

X線の後方散乱について

アバター

ID非公開さん

2018/11/2708:27:53

X線の後方散乱について

なぜ、原子番号が高いと後方散乱係数は高くなるのでしょうか。
説明お願いしたいです。

閲覧数:
92
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mas********さん

2018/11/2723:39:31

X線は原子の内,電子によって散乱されます.

軽い原子では,そのような電子が原子核の周りにひろく分布しています.

一方,重い原子では,原子核近傍にも電子がたくさん存在しています.

散乱係数が高角で小さくなるのは,原子内のある電子によって散乱されたX線が,別の電子によって散乱されたX線によって弱め合いの干渉が起こるためです.

つまり,電子が原子核近傍に局在している重い原子では,そのような弱めあいの効果は小さくなり,後方散乱係数も大きくなります.

数学的には,散乱係数は原子内の電子分布のフーリエ変換ですので,原子核近傍に電子がたくさん存在している重い原子の方が,高い散乱角度,すなわち後方散乱まで散乱係数が大きくなります.
(例えばデルタ関数のフーリエ変換は定値関数ですよね)

アバター

質問した人からのコメント

2018/11/27 23:48:02

ありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる