ここから本文です

宮家と摂関家の位置付けについて 先日ある小説を読んでいると、幕末の頃かに、も...

ito********さん

2018/11/2716:16:14

宮家と摂関家の位置付けについて
先日ある小説を読んでいると、幕末の頃かに、もともと宮家は摂関家より格下だったものを王政復古などのそのときの時代コンセプトにより、臣下が天皇家の一族

より格下なのはおかしいと、宮家が摂関家の上位に変更になった記述がありました。
テレビでもやってましたね。
ところで、そもそも、いつごろから天皇家の一族の宮家よりも摂関家が席次が上位であるという慣例があるのかなと、調べてみると、江戸時代の禁中並公家諸法度に出ているそうですが(ある歴史資料館できいたところ)、それ以前にいつごろからそうであったのかという記述がなかなかみつからないとのこと。
鎌倉時代に五摂家になる前のからの話だとは思いますが、どこかに記述のある資料や著作をご存じの方がおられましたらご教示ください。

閲覧数:
36
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2018/11/2721:45:24

別に明確な階級差がある訳では無いので、
文書などは無いと思います。

宮家というものが成立するのは、鎌倉時代末期の、
両統迭立の頃からです。
この時代は皇位継承候補が乱立し、それらを分家として扱うため、
宮家を設立しました。
宮家は臣籍降下した訳では無いので、官位などにつく事も無く、
政治に参加する事もありません。
言わば、皇統が絶えそうになった時のスペアとして、
存在しているので、臣下である摂関家と上下を比べる事は、
出来ないでしょう。
席次が摂関家が上位というのは、実際に権力のある摂関家に、
幕府が配慮しただけで、別に宮家が下位に置かれた、
というのとは違うように思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる