ここから本文です

新型アクセラが発表されましたが、リアサスがトーションビーム式なのは何故ですか...

アバター

ID非公開さん

2018/11/2822:08:05

新型アクセラが発表されましたが、リアサスがトーションビーム式なのは何故ですか?
カローラやインプレッサはダブルウィッシュボーン、シビックはマルチリンク+スタビライザーなのに。

リアサス,トーションビーム,ダブルウィッシュボーン,新型アクセラ,インプレッサ,トーションビーム式,サスペンション

閲覧数:
6,062
回答数:
20

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gto********さん

2018/12/301:59:29

タイヤを四隅に?かしらね
トーションビーム」の方が→サス周りのスペースが☆取られませんし
リアのパッケージに→自由度が高い
(荷室が広い?とか

走行性能」にしたって…
前メガーネRS」も→トーションビームですからね
元ニュルFF最速」の車が☆ですよ
十分な☆性能が確保できる時代になったんですよ

また…
サス単体の重量も軽く→軽やかな☆印象と共に
軽い車体=実燃費が良い」に→貢献する?と思います

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「トーションビーム」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/19件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dem********さん

2018/12/407:19:35

マツダはスモールとラージとプラットフォームや変速機を作り分けして車格に合わせた設計をしてます。新型アクセラがトーションになったのは造りわけでアクセラがスモールに振られたのと、アクセラスカイアクティブXにハイブリッドを組み合わせるためでもあるからです。またデミオやCX3の改良型でトーションでも高い性能を発揮できるように取り付け角度や部品の改良などを施し乗り心地など良くなりました。だからアクセラでもいけると判断されたんです。しかし初代からマルチリンクだったので私的にはやはり受け入れがたいです。

suu********さん

2018/12/300:32:02

今後、全世界で自動車に対する「環境規制」が厳しくなっていきます。エンジンで走る内燃機関車は、何らかの形で「電動化」を強いられます。
新型アクセラのプラットフォームにおけるリアサスのトーションビーム化は、将来的に「マイルドHV」化した際に、バッテリー搭載場所を確保するための変更だと開発担当者のインタビューで読んだ記憶があります。

gog********さん

2018/12/222:14:57

①トーションビームの技術革新により、狙った性能を出すことが出来るようになった。主力車種に求める直線時の乗り心地や、コーナーリング性能(タイヤの接地圧のコントロール)をトーションビームでも実現することが出来るようになった。
マツダは、その技術革新を発表する場としてアクセラを選んだ。

②「あらゆる場面でトーションビームでもここまで出来るし、ダブルウィッシュボーンよりトータルでいいでしょ?」っていう提案が出来るようになった。
一般ユーザーより、ライバルの自動車メーカーの度肝を抜くことが快感なメーカーだったりするように思う。マニアックな技術的なことは一般ユーザーはそんなに気にしないのが現実だし・・・。

③実際の走行の殆どが直線か直線に近いカーブ。快適さを考えると、直線に近い状態での快適さを追求したほうが乗員の満足度は上がる。複雑なサスペンション形状よりも単純なつくりのトーションビームの方が目的とする性能の解析が簡単で、セッティングに要する時間当たりの成果が高い。

走りにこだわる方が求めるコーナーリング性能は、サスペンションの形状もさることながらタイヤの性能によることの方が大きい。
トーションビームでも十分なセッティングにより複雑な形状のサス形状にも負けないコーナーリング性能を手に入れることができるようになった。

④ロールのスピードって、複雑なサスペンションであろうが、トーションビームであろうが、変わらない。バネレートと、ショックアブソーバーのセッティング次第でどうとでもなる。

⑤世界のユーザーの大半は、サスペンションの形状なんかまったく気にしない。ダブルウィッシュボーン、マルチリンクって言葉すら知らない。
マーケット的には、サスペンション形式ってはっきり言ってどうでもいいことに気が付いた。
日本のマーケットだけに目を向けても同じ。マニアックな人だけが、トーションビームに噛みつく。

まとめ

トータルでいえば、トーションビームでユーザーの満足度は十分に得られるという確信からこうなったということでしょう。
マツダは、マニアックなメーカーなので、他メーカーに対して天邪鬼的な感じがします。
ハイブリットや電気自動車ではなく、「ディーゼルどうですか?」みたいな。
「求める性能が出せるなら、トーションビームでよくね?」みたいな。

nac********さん

2018/11/3016:38:57

人間が動きを合わせやすい……らしいです。

https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/194452/071000198/?P...

でも、この理屈で言うと、ドライバーは意のままに操れるかもしれないけど、同乗者にとっては必ずしも快適なクルマではなくなってしまいそうな気がしますな。

asa********さん

編集あり2018/11/3016:36:39

下の人の言う通り。

写真見る限りだと、内外装の質感は他を圧倒してる。特にインプとは3クラスくらい違う。

シャシ剛性、ボディ剛性を高めて、内外装の質感も高い、サスも高いマルチリンクにしたら、下手したらベース価格270万オーバーになっちゃう。そしたら販売台数が稼げない。取捨選択が大切。

内外装の質感は捨てれないし、シャシ・ボディ剛性の向上は操安性だけでなく衝突安全性も向上できるから、リアサスをコストダウンしたってのが個人的な予想。

2.2D廃止にして、モアパワーエンジンに絞ったのも、恐らくリアサスが関係してる気がする。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる