ここから本文です

蓄電池について疑問です。 親が蓄電池を導入したいと考えてるようなので教えてい...

baa********さん

2018/11/2822:50:50

蓄電池について疑問です。
親が蓄電池を導入したいと考えてるようなので教えていただきたいです(>_<)
災害時に役立つと話題になった蓄電池ですが、北海道で持ち家オール電化、ソーラー

パネル有り、暖は主にエアコン、車2台有りに住んでいます。
仮に真冬、何らかの災害の為、停電が1週間続くとします。
100万以上もする蓄電池を導入するメリットとデメリットを自分なりに考えたのですが、大金を出して設置するメリットはあるのでしょうか?
①蓄電池を使って暖をとるより、ポータブルのカセットボンベを使うストーブ?や灯油ストーブで暖をとる
②停電により冷蔵庫が壊れた場合は新しい冷蔵庫を買う
③発電機があるのでそれを利用する
④車を利用し暖をとる、又は他の地域に避難する
など考えたのですが、ガスボンベや灯油、ガソリンなどをこまめに1週間くらい分ストックしておけば発電がなかった事を考えた蓄電池以上の備えになると思うのですがいかがでしょうか?
これでも蓄電池を導入した方がいい意見がございましたら教えていただきたいです。
宜しくお願いいたします。

補足逆にここまで備えて、蓄電池を導入する意味はあるのでしょうか?

閲覧数:
997
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kok********さん

2018/11/2917:37:01

災害対応目的で、しかもに 真冬、停電が1週間続くを想定して、蓄電池を導入するのは、合理性も経済性もありません。

日本の平均家庭の1月あたりの消費電力量が約369kWhです。
真冬、北海道、オール電化なら、かるくこの3倍以上はいくでしょうね。
1000kWhの容量の蓄電池は、価格も大きさ/設置面積・重量も、個人家庭でまかなえるものではありません。(冬の北海道なら太陽電池の日照もあまり期待できません)

100万円という記述なので、おそらくそれの容量は5kWhのものではないですか?

これは主にタイムシフト用に(夜間 ⇔ 昼間)の電力シフトに用いられるものであって、全電力をこれにたよった場合、平均家庭で半日もたない容量しかありません。

災害対応で使うなら、照明、冷暖房、調理は別の手段を準備しておいて使い、蓄電池は夏場の冷蔵庫や医療機器に細々と使う というなら、それ相応のメリットを得ることはできると思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

kenchikun221さん

2018/11/2901:21:04

防災を趣味にしている僕の考えでは
超長期で保管可能な熱源としての燃料は
炭や練炭だと思います

その次には薪です
これらは乾燥にさえ注意していれば
相当長く保管が可能だと考えています

灯油、ガソリンも半年から1年程度であれば
保管状況にもよりますが大丈夫ではと思います
ガスボンベも缶の腐食に注意していれば
比較的長く保管出来るのではと思います

電気は比較的保管しにくいエネルギーですからね・・・
充電池自体の容量は時間と共に低下するでしょうし
実用的に考えてどの程度の寿命かは判りませんが
コスト的にはおそらく割高になるのではと思いますが

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる