ここから本文です

上越新幹線は山手線より儲かると言う話を耳にしましたがこれは本当ですか?

hei********さん

2018/11/3021:22:34

上越新幹線は山手線より儲かると言う話を耳にしましたがこれは本当ですか?

もしそうなら上越より本数も利用者も多い東北新幹線はもうウハウハですよね
いくら1人当たりの客単価が高いからって山手線より儲かるんでしょうか?

閲覧数:
185
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ga_********さん

2018/11/3022:43:13

少し前のデータですが、週刊東洋経済で掲載されていた数字を引用すると。

営業係数(100円の収益を得るのに必要なコスト)
山手線:51.5
上越新幹線:49
東北新幹線:55.4

だそうです。
まぁいろいろと理由はあるのでしょうが、上越新幹線は路線が短いのと、客単価が高い、というのもあるでしょうかねぇ。
東京~高崎間はいつも混雑していますから。


営業係数で検索すれば出てくるかと。

ちなみに東海道新幹線は60.8だそうですが、飯田線だの名松線、紀勢線といった赤字路線がたくさんありつつも、JR東海全体で63.8にしてしまうんですから、ある意味すごいですね。


JR線 営業係数 で検索できるかと

参考までに

  • 質問者

    hei********さん

    2018/11/3022:46:05

    すごいですね
    ひょっとして、日本一儲かる路線は上越新幹線ですかね?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mar********さん

2018/12/318:35:30

>上越新幹線は山手線より儲かると言う話を耳にしましたがこれは本当ですか?

>ひょっとして、日本一儲かる路線は上越新幹線ですかね?

誰から聞いたのか知りませんが、 常識的に考えても、そんな訳ないでしょう。

利益=営業係数×乗客数になると思いますが。

山手線は、上越新幹線よりも客単価は低くても、1日辺りの乗客数が桁違いに多い路線です。

上越新幹線は、「たにがわ」だけではなく、「とき」も含めてガラガラだとしか言い様がありません。

一例を挙げると先日(11/23日)の連休初日の東京発の上越新幹線で、始発から満席になったのは、9:12発のとき311号と、10:16発のとき315号のわずか2本だけでした。

かろうじて、E4系の2階席だけ空席が50席以下になった便が5本だけでした。
1階席が満席になった便は、上記の2本以外はありませんでした。

3連休初日で一番の書き入れ時になる筈にも関わらず、この体たらく状態が上越新幹線の実情です。

つまり、「たにがわ」だけの話ではなく、明らかにダイヤの本数よりも乗客数が少なく、減便する必要性が高いという事です。

ちなみに、同日の北陸新幹線は、始発のかがやき501号から13:24発のはくたか565号まで18本全てが満席になっている大きな違いがあります。

はくたか565号の後続列車の14:24発のはくたか567号も残り49席以下の▲マークが付いていたので、始発から19本連続でほぼ満席状態になったという事です。

そもそも、北陸新幹線を走行しているE7系の定員数は924人で、上越新幹線を走行しているE4系の8両編成の定員数は817人なので、分母になる数字自体が少なく、上越新幹線は、北陸新幹線よりも乗客数や輸送密度でも大きく劣るという事です。

それにも関わらず、上越新幹線が北陸新幹線よりも輸送密度で上回るとかの詭弁の回答をする新潟県民には、呆れてものも言えないとしか言い様がありません。

11/25日の3連休最終日の新潟発の上越新幹線で、始発から満席になったのは、14:13発のとき324号のわずか1本だけでした。

かろうじて、E4系の2階席だけ空席が50席以下になった便が5本だけでした。
1階席が50席以下になった便は、2本だけでした。

1階席が50席以下になった便は、2階席と重複しているので、△の50席以下になったのは、わずか5本だけという事です。

同日の北陸新幹線は、10:56発のはくたか560号から19:18発のかがやき516号まで20本全てが満席になっている大きな違いがあります。

20本連続で満席状態になったという事です。

上越新幹線と北陸新幹線の定期便の本数は、ほぼ同じなのだから、ガラガラで乗客数の少ない上越新幹線なんて、北陸新幹線の足元にも及ばないという事です。

上越新幹線は、混雑する筈の3連休の最終日のときでさえ、こんな閑散路線なのだから、スキーシーズン以外の「たにがわ」は、季節運休にして冬季以外は減便して、「とき」もこんなに乗車率が低いのであれば、半分の本数に減便するべきだと思います。

少なくとも、平日の昼間の閑散期は、現状の半分の2時間に1本ペースで必要にして十分です。

ましてや、日本一儲かる路線は上越新幹線という事は、1000000000%もあり得ません。

上越新幹線は、営業係数が高いという事で、効率がいいのは確かかもしれませんが、分母になる乗客数が少なすぎます。

あくまで、利益=営業係数×乗客数になります。

なので、上越新幹線よりも、乗客数の多い東海道新幹線、山陽新幹線、東北新幹線、北陸新幹線の方がはるかに儲かっています。

質問者さんは、現実を認識して下さい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる