ここから本文です

休業損害に注目してみよう。繰り返しになるが、休業損害とは事故による負傷のため...

アバター

ID非公開さん

2018/12/113:37:00

休業損害に注目してみよう。繰り返しになるが、休業損害とは事故による負傷のため働くことができなかったことによる減収のことである。保険ではこの減収分も補償することになっている。基本的に治療期間中の減収に限

られているため、結局ここでも症状固定がポイントになってくる。つまり症状固定後は治療期間にならないため、休業損害は発生しないということになる。

ちなみに休業損害の算出方法は通常事故直前の3カ月間の収入の平均額をもとに治療期間中にどれだけ収入が減ったかで算出する。いわゆる実損を補てんするもので、そのためには実際に何日間仕事を休んだか、収入がいくら減ったかを証明する必要がある。会社に勤めていれば、通常は会社側で休業損害の証明書を発行してもらう。有給休暇を使って休んだ場合はどうかという質問がよくあるが、結論からいえばたとえ有給休暇を使っても休業損害は認められるのである。

どう思いますか?
ご教示ください。

閲覧数:
74
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ja4********さん

2018/12/116:16:34

何を教示すれば良いのかよくわかりませんが・・・。

>保険ではこの減収分も補償することになっている。

保険で補償することになっているのでは無く損害賠償として請求できるのです。
相手が任意保険未加入だと補償してもらわなくても良いのですか?

保険会社を加害者だと誤解されている人もおられますが、保険会社は契約者(事故の相手)の法的な損害賠償上の代理人に過ぎません。
被害者の損害賠償請求は加害者に対するもので、加害者が自費で払うか保険で払うかの選択をします。
契約者である加害者から契約先の保険会社は示談交渉を任されているに過ぎません。
休業損害の算出方法などを含め、保険会社が決めているのではなく法的な損害賠償請求方法として認められているのです。
それ以外の方法による請求は「法外」な要求ですので、契約者の「法的な損害賠償金を支払う」保険会社には払うことができませんが、裁判で認められた損害賠償金は法的なものですから保険会社は払うことができます。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/12/117:35:19

    なるほど、ありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる