ここから本文です

飽なくにまだきもつきの隠るるか山の端逃げて入れずもあらなむ(渚の院の在原業平の...

アバター

ID非公開さん

2018/12/311:35:59

飽なくにまだきもつきの隠るるか山の端逃げて入れずもあらなむ(渚の院の在原業平の和歌)

この和歌の 月 は何を喩えているのでしょうか?

閲覧数:
22
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2018/12/312:32:36

惟喬親王です。

アバター

質問した人からのコメント

2018/12/3 12:36:18

そういうことですか!納得しましたありがとうございます

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる