ここから本文です

岩倉具視は、西郷隆盛を呼ぶ呼称に、「西郷っ!」と言っていたのですかね? 「隆...

sej********さん

2018/12/403:07:06

岩倉具視は、西郷隆盛を呼ぶ呼称に、「西郷っ!」と言っていたのですかね?
「隆盛っ!」ではないのですかね?
西郷隆盛の一人称は「臣隆盛」ですよね?
セゴドン、可笑しいな。

閲覧数:
171
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ban********さん

2018/12/414:09:23

江戸時代までの武士は、面と向かって諱(いみな)で呼ばれることは絶対にありません。本当の名前は神聖なものなので、本人に向かってその名で呼びつけることは極めて失礼、というか、決してやってはいけない行為です(だから忌み名といいます)。
「諱を呼んでいいのは親と主君だけ」とよく言われますが、現実には殿様や将軍様でも、家臣を諱で呼ぶことはまずありません。面と向かって諱で呼んでいいのは天皇だけ、と言っていいです。
武士が諱を使うのは、天皇から位を貰うときと、公文書に署名するとき、そのくらいしかありません。だから、大名ならさておき、ヒラの武士は、諱を使う機会なんて、めったにないし、相手の諱がなんなのか、てのも、よほど親しくなければ、たいていは知らない、知らなくても別に困らない程度のものだったんです(だから明治になって、友人が間違えて登録しちゃったりしたわけで)。
その代わり、普段呼ぶための名前として「吉之助」という通称があるんです。天皇から官位を貰えるような身分なら「薩摩守」とか肩書きが通称代わりになりますけど、この時点の西郷吉之助には、そういう立派な肩書きはありません。
ですから、岩倉が上から目線で「西郷!」と呼びつけることはあっても、彼の諱が何なのか、なんて知らなかったでしょう。「吉之助!」ならアリですけど、隆盛にしろ隆永にしろ、諱で呼ぶことは絶対にありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

num********さん

2018/12/412:53:12

nicさん、shiさんのご説明でほぼ正しいのですが、

叙任の際の本名は「隆永」から改名した「武雄」でした。

nic********さん

2018/12/408:44:25

「隆盛」は無いですね。
西郷隆盛が叙任される時に誰も通称の「吉之助」以外知らず、友人のうろ覚えで「隆盛」として証書を作ったら、実は「隆永」だったという嘘のような本当の話があります。
ですから、上司は「西郷」と呼び、朋輩は「吉之助」と呼んでいたのです。

shi********さん

2018/12/408:40:43

位をもらうときに不在で周りがうろ覚えで父親の名前を書いてしまったのが隆盛ですから、呼ぶはずがないです。

ail********さん

2018/12/408:08:56

隆盛は親の諱です。
江戸時代に諱でで呼ばれる事は稀です。
苗字+通称または号または官位官職が多いです。
小松帯刀の正式名称?は平朝臣小松帯刀清廉だったと思います。
武士の名前は兎に角ややこしいです。
勝海舟も江戸期は安房守が多いです。海舟は号です。
ですから隆盛と呼んだ可能性は0に近いです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる