ここから本文です

落札後のキャンセル時に20%と掛かった経費を落札者に請求するとこのストア出品者の...

アバター

ID非公開さん

2018/12/405:52:50

落札後のキャンセル時に20%と掛かった経費を落札者に請求するとこのストア出品者の説明文に書かれていますが落札手数料を上回る金額の請求はヤフオクの規約に違反しないのでしょうか?

ヤフオク,ストア出品者,説明文,落札者,落札手数料,キャンセル料,キャンセル

閲覧数:
190
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fil********さん

2018/12/815:34:46

キャンセルするくらいなら、キャンセル料の請求も拒否すれば良いだけ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

xxx********さん

2018/12/817:14:19

出品物が何かはしりませんが、一方的なキャンセルにより損害を受けるのであれば妥当な請求かもしれませんよ。

具体性がないと答えようがありませんけどね。

sar********さん

2018/12/816:26:57

ヤフオク! ストア運用ガイドライン より抜粋

第 5 お客様対応

1 お客様から、以下の料金以外の料金(システム利用料、ロイヤルティ、梱包料、手数料、その他名目を問いませ ん)を徴収することを禁止します。

(1) 落札代金
(2) 消費税
(3) 送料
(4) 運送業者が指定する運送用梱包資材の代金
(5) 返品・交換する際の送料および返金手数料
(6) 不動産および二輪を含む自動車車体のみ、取得にかかる諸費用および税などの法定費用
(7) 当社が別途契約により認めた場合のみ、お客様が入札や落札のキャンセルをする際の解約金
(8) 法令に則ったリサイクル料金や収集運搬料金
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『 (7) 当社が別途契約により認めた場合のみ、お客様が入札や落札のキャンセルをする際の解約金 』にかかるかどうかでしょう。

ヤフオク!を利用するにあたり、運営側が定めた規約は守らないといけません。それを跳び越して法律を持ち出すまでもありません。
もし、法的に問題があるなら、それはそれなりの手続きを経て説明されるべきではないでしょうか。

ech********さん

2018/12/408:56:56

なんら問題はありません。
民法420条損害賠償の予定

u15********さん

2018/12/408:09:48

つまり営業妨害にあたるので妥当じゃないでしょうか
キャンセル料に関しては当事者同士で話し合えとかじゃなかったですかね

set********さん

2018/12/407:51:06

キャンセル料について記載がある場合ですと、それを守る必要があります。

これはヤフオクの取り決めでなく特定商取引法による決まりです。

法の方が、ヤフオクの決まりより上位に来ることをお忘れなく。

なお、20%というのは極めて一般的な額です。他にかかった経費というのも書いていますが、それが極端に高いというものでない限り有効と考えるべきでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる