ここから本文です

投票受付終了まであと5日 ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

1ヶ月ほど前に、左足の指の間が何本か鱗?のような状態になり皮膚が剥がれてきたの...

hio********さん

2018/12/700:48:58

1ヶ月ほど前に、左足の指の間が何本か鱗?のような状態になり皮膚が剥がれてきたので、水虫かと思い、近くの皮膚科を受信しました。
水虫だと診断され、塗り薬をいただいたので、指示通り毎日塗っていましたが一向に

良くなりません。
それどころか酷くなっています。
数日前には手にも水膨れができ始めました。
病院を変えて再度診てもらった方が良いのでしょうか?
最初に診断していただいた病院で、水虫は一生治らないと言われたことや、診断の時に顕微鏡等を一切使わず、少し見ただけで水虫だと言われたことも気になっています…。
(ネットで調べた浅知恵ですが、最近では水虫は完治可能であり、診断の際には顕微鏡で皮膚片を見ることが普通であるとの情報をいくつも見つけました。)

補足私が最初鱗だと思ったのは皮膚の水膨れでした。
誤字ですね…。「受信」ではなく「受診」でした。すみません。

閲覧数:
26
回答数:
1

違反報告

回答

1〜1件/1件中

ter********さん

編集あり2018/12/922:25:04

水虫薬に即効性はありません。水虫はケガの傷口とは違い 水虫薬を塗ると悪化したようになります。それでいいんです。
それから冬の白癬菌は皮膚深くに潜伏するため
症状が軽くなります、完治したかと治療をやめてしまうと来年の春ごろに再発します

水虫は片方の足や手に外部から感染したり
内部から全身に拡大したりします
薬を塗ったら必ず手洗いです。
内部からのものは予防のしようがありません。

あと 薬の塗り方次第では再発の繰り返しです

塗り方は入浴後
指の間全部
爪全部
指全部
足の裏全体
足の裏から高さ1cmの高さまで塗り 薄い靴下を履いてお休みください。
→白癬菌をまき散らかさないため
→包帯代わり

水虫治療は1年サイクルです
発症した翌年に再発しなければ完治です。再発したら更に1年の治療が必要です。
完治後も 2~3年は予防の為に冬~春まで
薬を塗ります

以上です

水虫治療のポイントは
①患部以外の場所にも薬を塗ること
②冬から春にかけての治療を辞めないこと

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる