ここから本文です

心理学統計学に使う最小二乗法を用いた単回帰分析の解き方について教えて欲しいで...

chi********さん

2018/12/703:47:41

心理学統計学に使う最小二乗法を用いた単回帰分析の解き方について教えて欲しいです…

データA[50,60,70,80,90]
データB[40,70,90,60,100]
回帰式直線公式をY=ax+bとする
分散=200
共分散=220

上記のデータと公式から求めた変数を、回帰直線求める公式に代入すると「Y=1.1x-5.0」になりました
散布図に「Y=1.1x-5.0」の直線を引きたいのですがどうやって引けば良いんですか??
これ一次関数なんですか??

閲覧数:
5
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ope********さん

2018/12/704:58:50

直線=一次関数です。

x軸が0、y軸がー5の点と、x軸が100、y軸が105の点を結ぶ線を引く。

(0,-5)-(100,105)

要は、Y=1.1x-5.0の式にxに具体的な数値を入れて、yを求める。

中学校の基礎。

質問した人からのコメント

2018/12/7 05:00:25

わかったよー(≧∀≦)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる