ここから本文です

〜ら辺、〜のあたり、〜の近くのことを『〜のへん』と言うのですが、方言なのでし...

たむたむさん

2018/12/723:26:59

〜ら辺、〜のあたり、〜の近くのことを『〜のへん』と言うのですが、方言なのでしょうか?

わかる方いましたら回答お願いします!

補足群馬出身の友達夫婦もわたしと同じような使い方をしていることが判明しました!!
ちなみに、そのへん、あのへん、このへんなどは旦那も使います…
ほかの県の方も使われてるので、やはり方言ではないのでしょうか?

閲覧数:
251
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ksk********さん

2018/12/807:52:28

単に「へん」ではなく、「○のへん」についてですよね。

私見ですが、方言というより、お母様や周りの方が使うからあなたも使うという、狭い意味での「家庭内方言(造語です)」なのではありませんか?


東京生まれです。
「学校の辺で」「公園の辺で」等、いろいろ考えてみたら、最初はとても違和感がありました。
ただ、何度か考えているうちに、そういう言い方をしている人もいる気がして来ました、笑。
話し言葉には、正しくないものや、その人独特の言い回しもありますし、それに微妙なアクセントやイントネーションで、気になったりならなかったりしますから。

ところで、面白いサイトを見つけました。
https://www.nhk.or.jp/bunken/research/kotoba/20150201_3.html
「○○らへん」が比較的新しい、人によっては違和感を覚える人がいる言い方、ということです。
ここにもありますが、「ここらへん」の ここら+へん が、ここ+らへん と誤って切り離され、○○らへん、と使われるようになったというのは、納得が行きます。
同じように、「あのへん」「そのへん」等の あの+へん が、あ+のへん、と切り離されて「学校のへん」になったのかも?というように思います。
つまり、○らへん、も、○のへん、も、同じようなものではないでしょうか?


○○のあたり、なら、間違いない言い方です。
らへん、のへん、は、くだけた日常会話なら許容されるのかもしれませんね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kar********さん

2018/12/809:11:23

指示代名詞+「辺(へん)」はもちろん当然ですが、普通名詞+「辺(へん)」も一般的な用法です。
特に身体の箇所を指して、「首の辺(へん)が痛い」などといった言い方は今でもよく使われます。
用例)
「赤いチヨツキが太股の辺(へん)まで垂れてゐる。」(森鴎外「十三時」)

地名に付く場合は「あたり/ほとり」という言い方が多いのですが、「へん」も用いられています。
ただ、近頃ではやや古風な言い方に感じられるようですが、もちろん正当な言い方で、俗用でも方言でもありません。
出処)
「へん【辺】②漠然とある場所や位置、またその場所に住んでいる人を示していう語。ほとり。あたり。そば。付近。へ。「駅の辺まで出かける」」(「国語大辞典」小学館)

むしろ「普通名詞+ら辺」のほうが異分析用法で不自然であり、本来は「そこいら」「そこら」といった指示代名詞以外の普通名詞に付けるのは誤用なのですが、近頃の若者言葉となっての俗用が目立つようになりました。

ひでさん

2018/12/723:53:17

僕は神奈川ですけど、「~へん」はフツーに使います。
「あの角を曲がったへんに――」とか。

「~あたり」は文語で、口語では「~へん」になるってことじゃないのかな?

たむたむさんは、どちらの方ですか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる