ここから本文です

江戸時代の幕末で、薩摩藩は攘夷派(公武合体派もいた)だったのに、どうして最終的...

アバター

ID非公開さん

2018/12/817:29:21

江戸時代の幕末で、薩摩藩は攘夷派(公武合体派もいた)だったのに、どうして最終的には薩長同盟を組んで幕府を倒したのですか?公武合体派の人が1部だったからですか?

閲覧数:
37
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2018/12/818:26:25

長州藩は元々、最も過激な攘夷派ですよ。
文久年間までは、攘夷という点で長州も薩摩も共通です。

ただ、尊王という点で、薩摩は当初、公武合体を目指しているのに対し、
長州は反幕府的なテロ活動を容認していました。
ただ、第一次長州征伐の失敗により、
幕府の指導力低下を目の当たりにした薩摩藩が、
倒幕に路線転換したから、薩長同盟が成立したのです。

アバター

質問した人からのコメント

2018/12/9 21:45:08

大変分かりやすかったです。ありがとうございます^^

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ryu********さん

2018/12/818:24:17

島津久光は当初は雄藩参与による公武合体体制を目指してましたが一橋慶喜がぶちこわしました。
慶喜が会津・桑名と提携して雄藩を締め出す政体を採ったんで、短気な久光は倒幕を決意して長州と組みました。
結局久光の期待した列藩藩主による合議体制にはならず明治政府が出来て短気な久光はぶち切れて薩摩に引きこもりました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる