ここから本文です

投票受付終了まであと4日 ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

オーディオの帝王のサムちゃんでちゅ! アンソニーさんのこの意見は、 https://yo...

jan********さん

2018/12/819:31:46

オーディオの帝王のサムちゃんでちゅ!
アンソニーさんのこの意見は、
https://youtu.be/Ebhzsm3OCN8?t=222

音が、接点に依存しているということがわかると思いませんか?

うひょひょ・・・

アンソニー,サムちゃん,オーディオ,帝王,接点

閲覧数:
73
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

mar********さん

2018/12/1108:54:20

「なぜ?どうして?ホワイ?」
これを解明して欲しかった!笑
ま、JBLの4343なんてタダでも要らないからどーでもイイけど。
で、突っ込みどころ満載。
「金属的な質感」なんてのは嫌だね。
木目か人肌がイイ。
「ジャンルとか年代とか関係なく…」
あるんだよ。
その時点で難聴。
戦時中の43年フルトヴェングラーは鳴るんか?笑
JBLでフルトヴェングラーなんて、巨匠に失礼。
連合軍、敵国だぜ!笑
「4343は鳴らしにくい」
ソナスの方が100倍鳴らしにくい。
ま、ソナスファーベルなんか使えないだろうけど。
ヤツの話の方が胡散臭い(笑)。
よくあるマニア。
所詮、JAZZ聞く人。
オーディオショップでJAZZ鳴らすな!
まじウザい(笑)。

で、接点は少ない方がイイです。
スピーカーなんかでも、後ろのコネクターの端子ブッ壊して中から直接、配線引っ張り出して繋ぐと音が鮮明に。
皆んなビックリ!笑
もちろんフォノじゃなきゃ、プリ挟まない事も。
イコライザーもなるべく避ける。
たゞ何も挟まず直だと音がラフになる場合が…
接点に関しては、鮮度を採るか、コントロールを採るか、ですね。

  • 質問者

    jan********さん

    2018/12/1110:59:21

    >スピーカーなんかでも、後ろのコネクターの端子ブッ壊して中から直接、配線引っ張り出して繋ぐと音が鮮明に。
    皆んなビックリ!笑
    ーー>
    正に接点。
    汚れているとさらに悪い!
    ただこのあたりの実験がありません。
    V-I特性をとってみたいですね。

    >たゞ何も挟まず直だと音がラフになる場合が…
    ーー>
    ある種の非線形性がいい方向に効くこともあるのではとおもっています。真空管のように。

    このあたりとても整理できない。だから、面白いんですね。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

out********さん

2018/12/821:57:17

アンソニーは耳が悪いからな。
USBケーブルの違いが判らなかった。
JBL持ってるのにDariだって。
おいらでも判るのに。
それ以降期待してない。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

cva********さん

2018/12/820:49:27

アンソニーさんの動画はいくつか見ています。

少なからず接点の影響はあると思いますが、不具合がある接点(今回の動画では可変抵抗器)でなければ、アンソニーさんの表現ほどのはっきりした違いが出るとは思えません。

または、組み合わせる機器との都合で、結果的に大きな差になったのではないかと思います。
組み合わせている機器が30年以上前の製品なので、そちらの状態の影響もあったのではないか…と思いました。

また、アンソニーさんの場合は、メーカーから商品レビューを頼まれるほどの本格的なユーチューバーなので、面白い動画を作るために大げさな表現をすることもあるのではないか…と思います。
話し方が非常に上手なことから、説得力がある話し方を得意とする人にも思えます。

『聴き比べても違いが分からなかった』、『気のせい、または、わずかな違いしか感じられない』という動画より、『大きな違いがあった!』という方が、動画(アンソニーさんから見ると商品)として盛り上がります。

しかし、接点や回路は少ないほど有利なので、特に可変抵抗器のようなものは、必要最小限にした方が良いことは間違いないと思います。

そう考えると、アンソニーさんの構成の、DAC(可変抵抗器経由でも使用可) → プリアンプ(可変抵抗器付) → パワーアンプ(可変抵抗器付) という構成に疑問を感じます。
この場合、プリアンプを省くほうが音声信号の劣化を抑えるには有利ですし、DACやパソコンで音量調整できるなら、パワーアンプも可変抵抗器が無いタイプを使う方が、さらに有利だと思いました。

私の経験では、過去に固定と可変の出力ができるCDプレーヤーを使っていたことがありましたが、両方試してもはっきり分かる違いはありませんでした。
もし、はっきり分かる違いがあれば、強い印象(可変は最悪だったなど)として今でも覚えていると思います。

  • 質問者

    jan********さん

    2018/12/910:44:30

    >不具合がある接点(今回の動画では可変抵抗器)でなければ、アンソニーさんの表現ほどのはっきりした違いが出るとは思えません。

    >面白い動画を作るために大げさな表現をすることもあるのではないか…と思います。
    話し方が非常に上手なことから、説得力がある話し方を得意とする人にも思えます。
    ーー>
    サムもそう思います。

    >そう考えると、アンソニーさんの構成の、DAC(可変抵抗器経由でも使用可) → プリアンプ(可変抵抗器付) → パワーアンプ(可変抵抗器付) という構成に疑問を感じます。
    ーー>
    彼の場合、入れればよくなるという信仰があります。
    ただ、真空管アンプの場合、その「悪い効果」がかえって快感になっていると思います。


  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる