ここから本文です

電気を自給自足する人が増えると大型の発電所の存在価値が減ると思いますか?

kut********さん

2018/12/910:58:10

電気を自給自足する人が増えると大型の発電所の存在価値が減ると思いますか?

閲覧数:
30
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

min********さん

2018/12/918:23:48

電気を 自給自足する人が増える(小規模分散型の電力供給体制が構築されたなら)と、大規模集中型の電力供給体制は崩壊し、大型の発電所の存在価値は減ると、私は思います。
そのためには、太陽光発電や風力発電等の再生可能エネルギーを大幅に増やす必要があります。
大規模な発電所は『ブラックアウト』の危険性を孕んでおり、北海道電力での苫東厚真火力発電所の被災によるモノは記憶に新しい事であり、小規模分散型の電力供給体制を確立させる事が喫緊の課題と思います。

電気を...

質問した人からのコメント

2018/12/9 18:56:02

図があるのでわかりやすいですね、

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tak********さん

2018/12/912:20:49

自給自足するならね。

現実的には再生エネルギーだけだと電気が不足する時間が出るから、足りない電気は電力会社から買うし、余った電気は電力会社に売ろうとするんだよね。

で、同じ時間に電気があまりまくるから、それを吸収する設備が電力会社側に必要になってくるんだな。

ken********さん

2018/12/911:45:35

北海道でのブラックアウトでは

有難かった人もいた筈。
病院や老人ホーム等は補助金出してでも再エネ発電を普及させるべきです。

edb********さん

2018/12/911:25:16

ソーラーパネルくらいでは発電量が微妙だから足りないでしょう。
しかし、最終的には電力の自給自足は必須になると思います。

家電をEV化→車もEV化→電力消費が増えて自家発電では足りない→電力消費が増える→原発フル稼働→ガソリン価格が下落→地震が起きる→原発が止まる→火力発電がフル稼働→原油消費量が増える→原油価格が暴騰→オイルマネーより中国、ロシアに投資される→中露の軍備増強→戦争勃発→経済恐慌→燃料費高騰→電力の自給自足を強いられる。

ソーラーパネルくらいでは発電量が微妙だから足りないでしょう。...

mac********さん

2018/12/911:01:08

極端な話、全家庭、全企業が自給自足したら存在価値はほとんどなくなります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる