ここから本文です

安倍政権が景気を良くする事ができた勝因はなんでしょうか?

mec********さん

2018/12/1312:50:48

安倍政権が景気を良くする事ができた勝因はなんでしょうか?

https://this.kiji.is/445780498368513121
低金利政策、為替操作、国債発行などの理由ではこの長さは理解できません。
民主党政権時になかったものは何ですか?

閲覧数:
200
回答数:
21
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/12/1314:58:25

経済オタクです。

私は一つ一つの政策の積み重ねと米国経済の好調ではないかと思います。

米国経済は110ヶ月を越える好景気です、日本のアベノミクス景気は70ヶ月。
110-70=40ヶ月=民主党政権の3年半


そして、私の個人的な考えですが「東日本大震災が日本を変えた」と思うんです。
政治だけでなく企業や個人のメンタリティーが変わったと思います。

ゆでガエルでゆっくりと死んでいく そんな雰囲気があった日本があの震災を転機に変わった。

企業は海外進出を加速させ、政府は国民が反対するような政策でも必要だと判断すれば断行する!
→私は日本の政治・経済に失われた20年にはない「力強さ」を感じます。

私は本気で日本の将来は明るくなったと考えています。マジです。

  • 質問者

    mec********さん

    2018/12/1317:30:18

    すっごくスッキリと腹に落ちました。
    メンタリティーという切り口は考えた事もありませんでした。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/12/20 11:08:45

いろんな回答がありましたが、唯一、明快に納得できました。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/20件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jin********さん

2018/12/1911:55:48

財務相御用聞きの白川前総裁に見切りをつけて、財務相カラーに染まっていない黒田氏を総裁に付けた事が最大の要因だと思います。

te5********さん

2018/12/1822:37:39

量的緩和で円安になり巨大輸出産業が活性化したから
恒久的に好景気が続いているのだと思います。これらの
輸出産業は規模も大きいのですそ野も広いです。よって
関連各社、下請け、これらに社員を派遣している派遣会社
ともども利益を上げ続けているのです。

民主の時には量的緩和はありませんから円高が放置されて
超円高で輸出産業は大変な痛手を負いましたからね。
おまけに事業仕分けで公共事業は大幅に減らされたから
国内のゼネコンも資材メーカーも痛手を負いました。
そして民主は緊縮政策でしたら成長戦略なんてないでしょう。

民主の時に無かったのは量的緩和、財政出動、成長戦略です。
つまりアベノミクスが無かったんですよ。

戦後最長の好景気はアベノミクスのおかげという事です。

riv********さん

2018/12/1822:12:06

世界中の経済の専門家が知っている正しい経済政策。
しかし日本では財務省が反対しているためにできなかった政策を背水の陣で実行したことが勝因です。
それが「金融緩和と財政出動」です。

そのための日本での一番大きな関門が「日銀の政策」であり日本が不景気だったのは日銀が財務省のOBによる財務省のための政策を実行していたのを「日銀総裁の更迭」で変更したことがすべての始まりです。
金融緩和とは簡単に言えば「通貨発行量を増やすこと」です。そのために日銀が必要だったのです。

たとえばアメリカではリーマンショックから脱却するために大幅な金融緩和をずーっと行ってきました(QE1、QE2、QE3)。ECB(ヨーロッパ中央銀行)も同様です。

金融緩和と財政出動により景気がよくなることは「アクセルを踏めば速度が上がる」と同様に当たり前のことです。
通貨発行量が増える→通貨の価値が下がる(インフレになる)→保留している金の価値が下がる→保留している金が市場に出回る(投資が増える、雇用が増える)→景気がよくなる。
まぁ単純にそうなります。
金の価値が下がることがわかっていれば内部留保などしているのは馬鹿で、預金を崩して工場を作るし、人材を確保しないと儲けそこなう。
だからインフレ率と失業率は負の相関(片方があがれば片方が下がるという関係)があるのです。

さてアベノミクスですが全然十分ではありません。
アベノミクスのインフレ目標は2%だったはずです。しかしいつまでたっても2%にはなりません。
消費税の増税であり日銀の政策です。
日銀にはいまだに財務省が大きな影響を持っていますし消費税増税も財務省の圧力です。

安部政権は史上初財務省と対立している政権なのです。(そのために経産省を味方につけている)
ただ最も強力な官庁である財務省と対立するということは本当に命がけなのです。だからこその紆余曲折があるのです。
財政出動が不十分なのも増税が進んでいるのも完全にアベノミクスに反する動きであり日本の景気がよくなることが困る人たちの思惑なのです。
ただ彼らの政治力が結構な勢力であることが問題なのです。
日本が強くなっては困る人たちなのです。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

kur********さん

2018/12/1821:06:48

それは、安倍さんとその他国会議員さん全員が。景気回復の努力をした結果なのでは?

景気回復させないと日本が崩壊すると、気が付いたから。

貧民大増税❗️富裕層には補助金プレゼント❗️
した効果。

震災バブルで東京もバブル発生。

地方は年々人口減少して、過半数の自治体は余剰人員が溢れる状態。
半端なく過疎化❗️

良い面、悪い面が存在しても、確実に景気回復している❗️

負動産は役所に寄付する時代。
不動産はバブル期価格を超えて高値。

新車は爆発的に売れている。国力の2倍❗️も売れているから借金中毒患者爆増。

中古車は年々売れない。
地球最安値圏なので外人爆買いの餌食。
日本の富が海外垂れ流し。

内需の70%がネット❗️
ネット業界がボロ儲け❗️
ネット黄金期。
海外送金が年々爆増中。国内流通貨幣が激減している。

リアル店舗はガンガン倒産する。
年々買物難民が増加中。
将来的に設備投資関連や建設関連などが崩壊産業になる。
国内貨幣流通量が激減している証拠。
一巡すると貧民街が増加する。

織田信長と真逆の政策結果で商人が激減したら経済没落が始まる。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

uni********さん

2018/12/1720:19:09

安倍政権が景気を良くする事ができた勝因・・・
津々浦々まで格差社会を拡張させたからです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる