ここから本文です

ガン保険でご意見、お願い致します。 10年前にガン保険に加入しましたが、 ・(主...

アバター

ID非公開さん

2018/12/2209:43:52

ガン保険でご意見、お願い致します。
10年前にガン保険に加入しましたが、
・(主) 入院給付金 1日目〜1万円 何度でも
手術
・診断給付金 入院して治療条件 100万円
2年

に1度(上皮内新生物含む)
2210円

他に医療保険からガンになった時に
・入院給付金 5千円
・三大疾患特約 入院して 50万 2年1回

全て入院してからが診断給付金がおりない、先進医療も加入中の医療・ガン保険にも追加できないタイプだったので先進医療・ガン治療・通院も気になりだしまして、追加・見直しで考え出しました。
今は入院は少なく、通院になってきてる。抗がん剤・放射線・ホルモン治療が多いですが、免疫療法も開発されてきており、10年は抗がん剤治療がだと思いますが、20年先はガン治療も抗がん剤などから変わっていってると思っています。
主人は47歳、今 ガン保険に入るのも金額が高くなってきています。なので、加入するなら先をみた更新のないガン保険に…と思っています。

代理店にも何件かお話を聞きましたが、どこもチューリッヒを提案してきます。抗がん剤はしばらくはなくならないから、新しい治療に変わったら、その時に見直し・追加でと…
年齢が上がると健康面・ガンになっていて加入不可にもなってるかも知れないし、金額も高くなっていてその提案は心配です。先をみた加入…とは反しているようにも思います。
「ガンゴールド」富士が気になっているのですが、上皮内新生物が50万になるので、あまりオススメされずいいお話が聞けてません。

セコムなども考えましたが、5年更新で掛け金が上がってしまうので、子供が8歳でこれから費用がかかってくるので、60歳前から掛け金がしんどくなりそうで…3年1回の支払いも気になってしまいます。
加入してガンになったら、次には加入できないのでは…も気になります。

10年前の加入保険を手放そうか追加で加入かも…悩んでいましたが、安く加入しているので辞めずに追加でと最近、思ってます。

私の考えに近いのは診断給付金を追加のタイプになるのでしょうか?
ガン保険の代わりに三大疾患タイプの定期や終身保険も検討してみましたが、金額が高くなり無理でした。

私の考えに近いガン保険の入り方を教えて頂けませんでしょうか?
毎月の掛け金もあまり高いと気になります。

少し思ってますのが、
・今のガン保険にプラス
・FWD富士生命 ベストゴールドa
診断給付金 100万
先進医療
上皮内新生物診断給付金を追加で

チューリッヒの治療の部分を10万で免除なしで加入

掛け金が気になりますが…ゴールドで200万で加入したいのですが、年齢が47歳で高くなるので追加では無理なようです。
主人もガン保険だけに1万円近く毎月払うのは…とも言われます。

どなたか、我が家にあうガン保険の入り方・オススメなガン保険のご提案をお願い致します。

よろしくお願い致します。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
212
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cal********さん

2018/12/2211:26:14

掛け捨てガン保険ではチューリッヒは、ほとんど唯一入る意味のある保険です

①支払った保険料より大きなリターンがあります。
総額70万ほどでしょうから、抗がん剤を半年。2,3年に及ぶケースも珍しくはなく、200万弱のリターンは計算できます

今加入しているガン保険は月2210円ですから、37年で100万を越えてしまいます。払ってしまった分は仕方がないですが、10年前の時点から考えると74歳以降にガンになっても赤字。

富士やセコムも同様です。
70歳ごろには支払った保険料が保障を越えてしまうので、保険の意味がありません。

かといって若い頃のガンを想定するなら、もっとマシな選択が多数あります。
チューリッヒもそのひとつですね。

これらを見れば「治療法が替わるかもしれない」がデメリットにならないも分かるかと思います。
若い頃にガンになるなら治療法は変わらないし、高齢になってからなら一時金や実費保障型はガンになっても赤字ですので。

(これらは偶然や屁理屈ではなく、保険のビジネスモデルでは必然です。保険は確率が高いことには貧弱にならざるをえないので、「給付条件が緩い」のはデメリットなんです)

②ガンは死ぬ可能性が高く、治療も長期で、しかも苦しいです。
そのため「いっそ治療を諦めて死んだ方が家族のためでは」といった思いが沸きます。

一時金タイプはそれを助長しますね。保険金が出たあと、すぐに死ぬのが経済的には効率が良いです。
富士のキャッチコピーはご存じですか?「生きるためのガン保険」です。わざわざそんなことを言うのは、一時金タイプは元々身辺整理のための金だからなんでしょう

価値観はそれぞれですが、そういった迷いを防ぐには、治療を続ける限り、一定額が出続けるタイプが良いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる