ここから本文です

憲法第89条は、公の支配に属さない宗教団体等に公金や公の財産を支出してはならな...

bei********さん

2018/12/2314:28:04

憲法第89条は、公の支配に属さない宗教団体等に公金や公の財産を支出してはならない。とありますが、政治経済の教材に、お賽銭は⚪︎、玉串料は × とありました。
何故、お賽銭は◯なんですか??

閲覧数:
51
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hou********さん

2018/12/2317:07:20

1.玉串料について


まず、玉串料の定義を押さえる必要があります。

玉串料とは「神社に祈祷を依頼する際、玉串の代わりに納める金銭。
神道の儀式で参拝者や神職によって神前に捧げられる。」を意味します。

したがって、
「行為の目的が宗教的意義をもち、
その効果が宗教に対する
援助、助長、促進又は圧迫、干渉等になる」という
政教分離の「目的効果基準」に抵触するとされます。

なお、当時の愛媛県知事が
靖国神社の参拝ために公金から玉串料を奉納した事件があります。
(ちなみに玉串料として支出した9回で合計4万5000円)

この件につき、最高裁は、
玉串料の奉納は宗教的意義を有し、県が特定の宗教団体を特別に支援したとして、
憲法上の“政教分離違反”だとして、当時の愛媛県知事に損害賠償を命じた、最高裁判決が確定しています(1997年)。


2.お賽銭について


この「玉串料」と比較すると、
そもそもお賽銭は、宗教的意義がかなり薄く、「世俗的」と言われます。
拝殿に上がる訳でもないからです。

したがって、お賽銭に関しては

政教分離の目的効果基準
「行為の目的が宗教的意義をもち、
その効果が宗教に対する
援助、助長、促進又は圧迫、干渉等になる」に抵触はしません。


3.

>お賽銭はなぜ個人で出さず、公の財産から出していいのか疑問に思ってます…!

この疑問に答えるためには、
当時の小泉首相の靖国参拝を調べたら、イメージがわくと思います。

政教分離違反の批判を避けるために、
靖国神社に公用車で乗り付けて、
「賽銭箱に小銭」を投げ入れてそのまま、後にしたことがあるからです。

自民党総裁という「私人」の立場ならば、政教分離は問題にはなりませんが、
内閣総理大臣という「公人」の立場であると、政教分離が当然に問題になります。

質問した人からのコメント

2018/12/23 22:37:52

ありがとうございます!!
小泉首相の参拝は、調べてみたいと思います! ♀️ ♀️

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hit********さん

2018/12/2314:58:08

お賽銭と玉串料は別物です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる