ここから本文です

依頼者と弁護士が電話のやりとりだけ何てありえますか?お金を振り込む前に記入し...

アバター

ID非公開さん

2018/12/2410:43:44

依頼者と弁護士が電話のやりとりだけ何てありえますか?お金を振り込む前に記入した契約書の写しも頂けてません。

1回目の口頭弁論から1ヵ月たちますが、次回の口頭弁論の期日連絡が無いのは

裁判が忙しくてまだ日にちが決定していないからでしょうか?
1回目の結果は電話連絡がありました。

証拠で戦う仕事をされているのに、連絡手段が電話のみと言う事に不安を覚えます。
弁護士はみんなそんなものなのでしょうか?

閲覧数:
26
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tan********さん

2018/12/2411:53:27

私の訴訟相手(器物損壊の被告、建物明け渡しの被告)は、訴状が
送達されて弁護士に弁護を依頼したのですが、「訴状(原本)を弁
護士に渡して委任状に署名と捺印をした」後に、全ての書面(答弁
書・答弁理由書・準備書面・判決文)を見ていませんでした。

なぜ、弁護士が依頼者に書面の提示や提出書面を見せないのか?

依頼者が裁判での訴訟についての能力が弁護士の判断で皆無だとさ
れたからです。

第1回口頭弁論では次回口頭弁論期日を裁判官が法廷で、原告と被
告に『その場で日時を提示』します。

口頭弁論の法廷に欠席をした弁護士は(弁護士の場合は認められる)
担当書記官に次回口頭弁論の日時を電話で確認をするのが一般的な
んですね~

弁護士はみんなそんなものなのでしょうか?の質問ですが、・・・

普通の弁護士ですと、口頭弁論期日の連絡や相手からの答弁書・答
弁理由書・準備書面等々の全ての書面(コピー)を依頼者に郵送を
して次回提出書面の相談をします。

まぁ、質問者さんに弁護士が「打ち合わせを捻密にしても時間と郵
送代の無駄だと思われている」のでしょう。

非常に稀なケースですね!

質問者さんは高齢者(80歳以上)なんですか?、精神障がい者手
帳を交付(取得)されているのですか?・・・それが理由(失礼不
快に思うでしょう)ですと考えられますね。・・・その様な場合で
無いのなら特殊なケースです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/12/2413:16:33

    丁寧なご回答ありがとうございます。

    普通書面での報告が当たり前ですよね。

    特に障害ありませんが、年齢が20代と若いので、相手にされていないのかもしれません。
    書面が何も無いのは納得が行かないので、連絡をとってみます!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yon********さん

2018/12/2411:14:39

弁護士には依頼者に契約書を交付する義務があります。
ただ、忙しすぎる等の理由で口頭のみで済ます例もなくはないです。
その弁護士に契約書を郵送してくれと言ってみてください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる