ここから本文です

庁舎の建て方について質問させていただきます。私は関西在住ですが、各府県の庁舎...

giy********さん

2018/12/2510:10:50

庁舎の建て方について質問させていただきます。私は関西在住ですが、各府県の庁舎は特徴が共通しているように思います。大阪府庁も京都府庁も和歌山県庁も真ん中が出っ張っていて、左右対称に部屋が配置されている形

です(ただし奈良県庁のように逆コの字形もありますが)。
あの形はなんというのでしょう。左右対称のことをシンメトリーと言うくらいは知っていますが、まさかシンメトリー様式とは言わないと思います。もしかしたらゴシック様式あるいはロマネスク様式と言うのでしょうか?正式な呼称を教えてください。また日本国中の旧庁舎はあの形が多いですが、歴史についてもご存じなら教えてください。

閲覧数:
30
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eko********さん

2018/12/2515:00:03

明治末から昭和一桁までの官庁建設で流行ったのは、ネオ・ゴシックやネオ・ルネッサンスと呼ばれる復古主義的な風潮で、普通はまとめて歴史主義的建築洋式とよばれるものだと思います。
18~19世紀に流行った、ギリシャ、ローマっぽい新古典主義建築と合理主義的な20世紀のモダニズム建築の間です。

質問した人からのコメント

2018/12/31 21:52:00

回答ありがとうございました。よく分かりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nik********さん

2018/12/2519:37:11

建築ブームで
設計者が共通していたと言うだけの話です

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる