ここから本文です

「写真にしかできないこと」は何でしょうか?

ww2********さん

2018/12/2708:05:18

「写真にしかできないこと」は何でしょうか?

最近は動画投稿も盛んにされていて、ブログなどでも動画を載せる人を
よく見かけます。
youtubeなども、できた当初と比べモノにならないくらい多様な動画で溢れています。

あえて動画ではなく、写真とする場合、
写真にしかできないことって何でしょうか?





例えばm
・「中国の古い民家が再開発で重機で壊されている瞬間」

自分は写真を撮りましたが、動画のほうが見た人にとっては前後の状況が判明し、
わかりやすいのかなと思いました。
動画も持っていますが、自分は写真が好きです。

動画にできないで、写真にできること。
写真ならではの魅力って何ですか?


誰か教えてください。

補足こんなにも多くの回答をいただけると思っていなかったので大変恐縮です。

動画もよく見ていると、コマの連続で、いくつかの軸となるコマとその間をつなぐもので成り立っているように
思えます。「風の谷のナウシカ」などの絵コンテ集を見ると、一瞬の連続が映像になり、音声が付いてというふうに。

皆さまの回答で印象的なのは、
「写真は紙媒体にでき手元に残せる」という意見。
なんでもデジタルの時代に紙媒体で残せる意味は大きいと思います。

人の頭の中には、多くの記憶が詰まっていて、時々、夢の中で記憶が再生されますが、多くは断片的。

人の命が終われば、その景色も消えてしまう。

最も容易に、

思い出の断片を死後も残せるというのが、写真の魅力なのかなって思いました。

もちろん、「描く」、「映像として残す」という行為にも価値があるのは当然だと思います。

「写真が切り取った瞬間に注目してもらえる」という意見。
これも、なるほど!と思いました。
・「祖母が亡くなった日の一日」の映像とするなら、「祖母の危篤の知らせで駆け付けた家族の一瞬の表情」の写真という感じでしょうか。とても勉強になります。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
272
回答数:
17
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

dan********さん

2018/12/2710:49:10

バッテリーがなくても、映像が見られること。

最後に残るのは紙ですよ。

  • dan********さん

    2018/12/2710:51:35

    絵画と似ていますが、絵画が創作に分類されるのに対して、写真は記録に分類されると思います。もちろん、それぞれがそれぞれの分野をある程度浸食することはあります。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/1/3 00:00:13

皆さんたくさんの回答ありがとうございました。
ベストアンサ-は迷いましたがこの回答にしました。
技術の進歩で、ハイスピ-ドカメラや4Kプリ連写機能など動画と写真の垣根がないような技術もあり、写真でしかできないこともあまりないように思いましたが、紙に残しバッテリ-無しても見れるというのは、そうだなと思いました。
また、多くの回答を読み、写真の良い点にも気付けました。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/16件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kou********さん

2018/12/3001:18:53

皆さんの仰るように「瞬間の切り取り」だと思います。

「切り取り、固定する事」で動画より印象に残してくれます。

決定的瞬間 と言う「古い写真用語」に尽きます。

皆さんの仰るように「瞬間の切り取り」だと思います。

「切り取り、固定する事」で動画より印象に残してくれます。...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

d_b********さん

2018/12/2915:46:05

写真入りのIDカード

動画が良く撮れていても、パスポートは写真じゃなきゃダメ。
切り出して使う必要がある。

また出来が良くても絵画をパスポートに使うのは、ダメです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

izu********さん

2018/12/2913:39:15

例えば100m走のゴールの瞬間。
一瞬で駆け抜けていく場面を動画で見ても「ほえ〜」って感じですが、写真でトップの選手、周りの選手の表情を見たほうが感動が伝わることもあると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hek********さん

2018/12/2911:55:35

動画は読んで字のごとく常に画像が動いているので細かい
部分が確認できない、または見逃すことが多いと思います。
反対に写真は静止しているので撮影中、気が付かなかったこと
意に留めなっかたものがプリントして初めてそれに目が留まり
驚くことがたまにあります。それが何を意味し、何を示唆して
いるのか?その物の存在の意味を今、考えたところで結論には達し
ません。写真にしかできないことは答えが出ない事で、今はそれで
良いんだと思います。意味不明な答えですみません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kin********さん

編集あり2018/12/2917:28:02

みなさんおっしゃるように、一瞬を切り取ることができること、だと思います。

動物や赤ちゃんが思いがけない動きをしてびっくりした表情を見せたお母さん、そのあと何とかしようと手を差し伸べて事なきを得た・・・

動画では状況がよくわかり、お母さんの心の動きを共有できるでしょう。

写真で驚いた瞬間の表情を切り取ることができたら、どうでしょう?
お母さんの驚きが、より強く見る人に伝わるのでは?

しばらく経ってからの印象はどうでしょう?
動画ではストーリーを記憶しがちです。
お母さんの(新鮮な)驚き、は、写真の方が心に残ると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる