ここから本文です

屋根の塗装工事中です。 築23年の屋根は、アスファルトーフィング下地にコロ...

tot********さん

2018/12/2811:00:19

屋根の塗装工事中です。

築23年の屋根は、アスファルトーフィング下地にコロニアル葺きに下塗りをしていますが

年数が経っており、下地とコロニアル葺きの隙間に接着剤をしたり、
また、ずれて下地がむき出しになって

いる縁部にもなにかする必要があ
るのでないかと思っていますが、現状何も施していない状態です。

業者は上塗りでもう終わりと思っているようです。

ご存知の方教えてください。
よろしくお願いいたします。いる縁部にもなにかする必要があ
るのでないかと思っていますが、現状何も施していない状態です。

業者は上塗りでもう終わりと思っているようです。

補修等が必要であれば、ご存知の方教えてください。
よろしくお願いいたします。

閲覧数:
35
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rft********さん

2018/12/2822:16:06

コロニアルの補修は割れたところをシリコンでくっつける程度の補修しかありません。
仕様上、それしか不可能です。

隙間に接着剤なんかしたら水の抜け道がなくなり雨漏りしますよ。

劣化や割れが気になるならカバー工法にした方がいいですよ。
23年なら屋根材自体が寿命なのでそもそも塗装するべきじゃないと思いますけどね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

poi********さん

2018/12/2812:31:12

表面の、コロニアルで雨漏りを、抑えている訳でなく、
その下の防水紙の保護と防火にコロニアルを、
張ってあるのです。

張替やカバー工法の工事をするまでは、
触らない方が得策です。

割れたところを張り替えようとして下地の
防水紙を傷つけると雨漏りします。

一枚に4本の釘が、隠れた所から打ってある。
それを、強引に引き抜くから必ず傷つけるのです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる