ここから本文です

高校物理の熱力学で質問です。

アバター

ID非公開さん

2018/12/2819:04:31

高校物理の熱力学で質問です。

断熱変化のときに体積が変化したときの気体の仕事は

3/2PVかPVのどちらを使って計算するのですか?

閲覧数:
54
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/12/2820:46:42

気体がする仕事をW、内部エネルギーの変化をΔUとすると、断熱変化ではΔU=-Wの関係が成り立ちます。
する仕事Wなら、-ΔUを計算します。

ΔUについては、その気体の物質量をn、定積モル比熱をCv、温度変化をΔTとすると、ΔU=n・Cv・ΔTが成り立ちます。

なのでW=-n・Cv・ΔTが正しい式です。

なお、ご質問の3/2はおそらく単原子分子理想気体に関係がある数字なので、どの気体でも使ってよいものではありません。
単原子分子理想気体ならU=(3/2)nRT=(3/2)pVなので、ΔU=(3/2)p´V´-(3/2)pVで計算してもいいです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

qua********さん

編集あり2018/12/2907:16:28

3/2R(T2-T1)は内部エネルギー増分です。
断熱ですから、それが仕事になります。

または
PV^γ=一定のカーブから面積を求めたものが仕事になります

同じ結果になります。


>どちらを使って
どちらも違いますね

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる