ここから本文です

「開業医である親戚が、院長先生である内科医院を、かかりつけにしてる人が、居る...

プロフィール画像

カテゴリマスター

shj********さん

2018/12/3102:52:55

「開業医である親戚が、院長先生である内科医院を、かかりつけにしてる人が、居る」的な話は、結構聞きます。

私(44歳男)の場合。

「産まれてから、 定時制高校の3年生だった、約2

5年程前の平成4年(1992年)の3月迄、約20年間かかりつけとしてた、内科医院」と、なります。


今年の1月に、75歳で亡くなったお袋(母親)側で、1人の従姉妹、つまり「遠い親戚の伯母さん(以降、伯母さん)」が、居ますが、この従姉妹の旦那さん。

「小児科の専門医だが、大人側の診療科目では、婦人科の専門医」でもあった、内科医院の院長先生でした。
なので、私から見れば、「義理ではあるが、一応遠い親戚の伯父さん」と、なります。

私は、産まれてから、例えば「乳児から小学校時代、発熱込みの風邪を、平日の夜間・深夜・早朝に、日曜日・祝日の何れかに、急に発症した」場合。

「お袋が、医院に隣接した、院長先生宅に電話連絡して、院長先生が居ればなら、バイクに乗せて貰ってだが、診察時間外ながらも、急患として、急遽受診した」事態が、度々あります。
当然、看護師さんが勤務してない、時間帯や曜日なので、看護師さんの資格あった伯母さんが、代わりとして、手伝ってました。

ただ、私が定時制高校の3年生となった、約25年前の春。

院長先生は、体調を崩して病院に入院となり、「内科医院は、休院」と、なってしまいました。
その時に、再び「発熱込みの風邪」を、患ってしまったので、その時に偶然開業した内科医院が、現在の自宅近くで開業したので、私は急遽受診する事になり、その内科医院が、現在のかかりつけ内科医院と、なりました。

しかし、元々かかりつけだった、内科医院側の院長先生は、約15年前に。確か70歳で、亡くなってしまったので、現在は麻酔科の専門医で、小児科も対応可能な息子さんが、2代目として引き継いでるそうです。


そこで、「かかりつけの内科医院は、院長先生が小児科の専門医なので、子供さんのかかりつけの小児科だったけど、実は院長先生か、旦那さん又は奥さんが、親戚だった」方に、質問したいのは…?

「内科医院が、開いてない時に、子供さんが急病になった場合。
「電話で、緊急連絡してから、急遽受診した」等、親戚であるのを活用して、行動した事あるか?」に、なります。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
165
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ote********さん

2019/1/613:20:28

「かかりつけ医」の考え方を変えてみませんか?

日本では医科大学などの派閥があり、病院・開業医でも系列の医院を紹介することはあっても、患者を自分のところで抱え込もうとします。他の病院に行くのを嫌うのです。それで患者さんが叱られたりするので日本では普及していないのです。最近になって推進する病院も増えてきましたが、やはり派閥は。

海外でのセカンド・オピニオンとは、そういった派閥に関わらず、優秀な専門医への意見も取り入れて総合的な治療をしていく、というもの。主治医としては原則的に変わりません。より専門性の高い病院に転院した方が良い場合は、主治医も変わります。患者にとってより良いシステムと思います。

最近になって大きな病院でも「かかりつけ医」を推奨する考え方が出てきました。患者が増えていく中で病院としても簡単に対応できない場合もあります。
もちろん緊急時は対応しますが、持病や既往症については患者さんの地域の医院で定期的な診断を受けて頂き、そのカルテを持って救急時に対応する、ということのためです。病院での通院回数を減らし、カルテを共用することで何かあった際には対応できる、というものですね。

ご質問の回答にはなっていないかと思いますが、「かかりつけ医」の考え方を前述のように「普段の診断を行う、必要に応じて他病院とカルテを共有する」としたとき、糸口が見える気がします。

  • 質問者

    shj********さん

    2019/1/701:28:45

    しがない質問へ、回答して頂き、有難うございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる