ここから本文です

近年の(補助電源としての)静止形インバータというのは、起動装置が内蔵された構造...

ika********さん

2019/1/310:46:25

近年の(補助電源としての)静止形インバータというのは、起動装置が内蔵された構造となっているものなのでしょうか?

これは、電車の床下機器にまつわる質問です。

静止形インバータ,床下機器,起動装置,補助電源,静止型インバータ,近年,発電機

閲覧数:
30
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kir********さん

2019/1/411:39:33

静止型インバータは車内の電灯やエアコン、運転機器類に電気を供給するいわば発電機です。
電車を動かすための制御装置としてのインバータとは別物になります。

以前はMGといって、モーターで発電機を回して車内で使う電気を供給していたのですが、
効率がすごく悪いので、今は静止型インバータ(SIV)を用いたものが主です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/1/5 12:01:30

回答ありがとうございます!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる