ここから本文です

これからの個人資産運用について質問、 2019年世界経済について様々な予測がでて...

ogt********さん

2019/1/613:43:01

これからの個人資産運用について質問、
2019年世界経済について様々な予測がでていますが、減速懸念が大勢ですね。日本経済に至っては財政破綻、国債暴落、超インフレなんて怖い予測もあるけど

覚悟しておく必要あると思います。杞憂に終わること祈ります、
さて、こんな心配が実際に起これば個人資産は何が安全なのでしょうか?
土地?金?株式?投資信託?現金?預金?他に何かありますか。
私は自分の老後資金については、とりあえず普通預金にしたまま19年は情勢見極めようかて考えます。

閲覧数:
184
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mik********さん

2019/1/614:31:01

危機の心配が現実に起きるのであれば、それは現金が一番いいでしょう。
米債なども結局為替差でやられるので、現金です。

まあ例外的にはゴールドも良いですが、あまりポートフォリオの比率を高めるべきものではないですね。10%程度が良いと思います。

しかしですね・・・

景気減速は避けられませんが、それがリセッションの定義に本当に当てはまる事態になるかは別問題であり、今のところリセッションの可能性はまだ低いです。

今マーケットは、単純にPERだけが過去30年で見てもめずらしいほど下落したにすぎません。これは実体経済が弱いのではなく、不確実性で投資家が逃避していることを指します。目線を変えれば、実体経済が減速しないなら、最大の買い場になることを、金融機関は見過ごしません。

これは下落リスクがまだ残っているとともに、リスクプレミアが上昇しているということです。なので、私は株の比率を底まで下げる必要はないと思いますけどね。

たとえば、世界最大の運用会社は減速はするがリセッションにはならず長期のトレンドを維持すると分析していますし、私もそう考えています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ksx********さん

2019/1/1219:46:11

土地?
⇒ありえない。持ってるだけで課税。都心など一部を除きさらに下がる。

金?
⇒地金や金貨の現物は持ってると楽しいが、売値と買値の差(スプレッド)が大きく短期では損。先物やCFDは悪くない。

株式?
⇒長期的に日本株が儲かることは無い。遊び程度で売り買いすべし。

投資信託?
⇒インデックスファンドとETF以外は考える必要無し。

現金?
⇒自宅でタンス預金?悪くない。最近、銀行の窓口で1千万程度の出勤でもウルサイので、自宅金庫で保管も一考に値する。

預金?
⇒焦って変な商品を買わないように。今年は預金残高を積むべし。秋から冬にかけてチャレンジ。

tuu********さん

2019/1/613:52:35

FRBの利上げが止まれば半年くらいでダウ、ドル円は下がり始めます。下落幅は大きければ40%程度、期間は1年半くらいです

今はキャッシュ多目にして、底すぎからドル建てで米株投資の予定です

rat********さん

2019/1/613:48:42

2019年は現金比率を高めていくのがベターって、バークシャーかどこかが言ってましたね。安全資産(債権)が安全じゃないのが現在ですし…。

攻めるならショート!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる