ここから本文です

地番(番)と所在(番地)について教えてください。 土地の登記簿には、「○○町...

nya********さん

2019/1/1020:14:59

地番(番)と所在(番地)について教えてください。

土地の登記簿には、「○○町〇番」と書いてあります。
その地上建物の登記簿には「○○町〇番地 家屋番号〇番」と書いてあります。

なんで地番は「〇番」なのに、それが所在になると「〇番地」になるんでしょうか?

何か根拠法でもあるのかな~?と思って調べてみたのですが、それらしきものは、ずいぶんと古いもので「今まで〇番屋敷って言っていたのを〇番地とする」的な、戸籍に関する太政官のほにゃらら(法学を専門に学んだことがないのでうろ覚えです)くらい?しか辿り着けませんでした。

「そりゃ、そういうもんだ。地番は「番」、所在は「番地」。それで覚えておけば問題ない」といえば、まぁそれまでなのですが、そこはそれ、どなたかハイレベルな知識をお持ちの方が教授くださるかと望みを託すのが知恵袋。
そもそも、法務局や司法書士や土地家屋調査士や法学の大学教授に聞いてみて、回答が返ってくるのでしょうか?

さておき。
どなたかご存知の方いらっしゃいましたら、教えてくださいまし。

閲覧数:
222
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

men********さん

2019/1/1120:49:59

土地登記簿
地番 123番

建物登記簿
所在 123番地
家屋番号 124番

以上の場合、単に、「家屋番号124番の建物は、『地番123番(の土)地』に所在してる」と言うだけの日本語的なことだと思うのですが、そう言う事とは違うとお考えなのですか。

  • 質問者

    nya********さん

    2019/1/1210:11:49

    では、日本語的に、いつからだれが使い始めたのでしょうか?
    どの時点で法的に使用されるようになったのでしょうか?
    その辺が、私は知りたいのです。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/1/16 14:13:08

このような愚問に、わざわざご回答いただきました皆様、ありがとうございました。
正解かどうかわかりませんが、腑に落ちる道筋を示していただきました、こちらをベストアンサーとさせていただきたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yam********さん

編集あり2019/1/1118:33:10

住居表示の場合は『何番何号』もありますし『何番地の何』もありますよね?

土地の地番の場合には、古い公図の記録を見ても『何番』か若しくは『何番何』になっていて、確かに『何番地何』とはなっていません。

私の想像なのですが、『何番地』となるのは、人が居住している土地に対して『何番の土地に住んでいる』事を略して『何番地』という表現が慣習的に使われたのではないかと思います。

土地の地番表示の場合には、土地そのものであることも予め判別出来るため『何番』で事足りるのでわざわざ『地』を付ける必要ありませんからね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

fud********さん

2019/1/1111:45:47

不動産・相談オフィス(元宅建業者)です。
土地(不動産)は、各土地に土地の番号(地番)が付いています。
また建物も不動産独自の番号が付いています。

これらは法務局の扱いで、不動産に番号が付くことになります。

これとは別に、役所等で付けるのが所在地(住居表示)であり、
これは法務局とは別の番号になります。

これを自分で調べても、教科書に記載されている訳ではありませんので
参考にはならないと思いますよ。

従って法務局は「住居表示」とは言わないで「地番」ですし、
役所は「地番」とは称さずに「住居表示」となります。

「地番」と「住居表示」の違い――――とだけ言えることになります。

以上、参考になれば幸です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
返信されるなら「回答リクエスト」(4千字可)の方が詳細な回答ができますよ「返信」(4百字)。リクエストは直接、当方に受信されます。
開くなら上記の公開IDからプロフィール左上の写真部分下をクリックで 可能です。(再回答は翌日以後になる場合があります)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

big********さん

2019/1/1108:54:38

雑談的ではありますが、

かなり前、市役所を退職して行政書士をされていたもうお亡くなりになられた方が、言われたのは
土地は 順に番号をふっているので ○○番 と表示ている。
建物の所在や住所では ○○番の土地 という意味で ○○番地と表示するのだと
(○○番の土地に所在する建物 いうことで 所在が ○○番地となると)。

真偽のほどはわからないが、覚え方としては腑に落ちるところもあったし、違っていても別に支障がないのでそのように 私自身は理解しておりました。

この際、誰か本当のところ教えていただければとも思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

cbn********さん

2019/1/1108:13:31

☆、質問の地番は不動産登記法の事務取り扱い基準に詳細規約はある。
不動産土地は、法務局登記係の地図や公図にある土地の一筆毎の地番。
主に国の課税や所有権利を目的とする法律に基づいた法律に従います。

不動産建物は、法務局登記係の建物保存登記簿に建物ごとの表示番号。
市町村固定資産税係で、課税の為の建物の表記と住居指定地域は番地。
指定地域外では、法務局登記係の地図や公図の代表地番で表記します。

☆、(教示できる程のものではないが、参考資料に調べてください)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる