ID非公開

2019/1/12 6:25

11回答

SNSでの淫行問題は相手の情報をどこまで把握してないと警察は動かないのでしょうか?

SNSでの淫行問題は相手の情報をどこまで把握してないと警察は動かないのでしょうか?

法律相談52閲覧

ベストアンサー

0

相手の情報って言うのは、被疑者の情報の事ですよね? その前に、淫行された側の年齢と行為前後の行動状況の確認が必要でしょうね。 18歳未満ですけど、あと1ヶ月で18歳になるっていう女では、被疑者が極道などならともかく、検事が事件を食わないでしょうね。 次に、条例違反などは年齢の知情性が必要ですから、一見20歳ぐらいに見える16歳の女が、如何にして被疑者に対して、行為事前に16歳だと告げているかですね。 児ポなら、甘言や金銭のやりとり及びその約束が必要ですから、それらの行為があったかも重要になりますね。 これらを全て満たした上で、被害児童が被疑者の面割りが効くか?になります。 これで面割り可能で、行為場所の特定も可能で、あれば被害児童との接触手段ですから、そこから人定が割れる場合が多いので、それで人定を割り、面割りを取り、その他細かい捜査をして、被疑者を引っ張るって感じですね。 昔は割と簡単に被疑者を引っ張って、かち割り捜査してましたが、最近女の方が被害児童の振りをして、単に金をふんだくるだけとか、手を繋いだだけで、有りもしない淫行行為まで話を盛る奴がいるので、迂闊に被害者話に乗せられるとあとで警察が痛い目に遭うため、かっちり被害者の供述矛盾点を埋めてからで無ければ、捜査できないのが実情ですね。 たまにそれを勇み足で自供オンリーの捜査をし、誤認逮捕って事になっていますからね。 情報の確度は、「被疑者だけ」では無く、被害児童の供述に関しても言える事ですね。 確度8~9割なら、警察は動きますよ。